関東ローカルネタ……でもないか。全日本選手権モトクロス関東大会のコースにもなっている埼玉県オフロードヴィレッジのWebサイトに一般利用者に向けたお知らせがアップされています。

まず、パドックではバイクの下にひくためのシートが必要となります。これは、みんなでファクトリーメカっぽくパドックもお洒落しようぜ! ってことではもちろんなく、走行後バイクに付着した泥をコース上に戻さなければならないというオフヴィレの新ルール?に伴い必要となる模様。具体的に言うと1800×1800くらいのレジャーシートが必須だそうです。ちなみにこのルールはすでに導入されてます。週末行く予定のある方はとっととレジャーシートなりを入手することをオススメします。

次はカワサキオーナーにとって結構深刻。8月1日よりKX250及びKX450Fの走行に際し、消音装置の装着が義務付けられます。「サイレンサーの先を下向き角度30度に加工、または付属品を取り付けて対応してください。自作も可」とのこと。付属品としてK-MAXのバッフルが紹介されています。古いタイプのKX-F(07以前?未確認です)についてるマフラーはOKという情報も。この辺、年式で変わるなら明確な情報欲しいですよね。なお、2010年中は消音対策が必要なのは一般走行のみ(レース・イベントはOK)。2011年からは一般走行ほかレースやイベントなどでもKXに関しては消音装置の装着が義務付けられるそうです。

最後にこれは未確定情報ですが、8月より16時20分からのナイター走行をテスト的に実施する予定があるそうです。走行料金は2000円程度とのこと。照明設備なんてあったっけ?

3 Responses to “8月1日よりオフヴィレでKX騒音規制適用。パドックではシートも必要?”

  1. KX250 より:

    なんでカワサキだけ?他メーカーはOKなの?意味がわかんないんですけど。土を戻すってどういうことでしょうか。

    • 球児 より:

      甲子園みたいなもんやろね

    • GT より:

      土はコースの所有物、ということなんでしょう w
      まあ、土も買ってきてたり、整備するにも重機の燃料代その他の経費がかかってるってのはあるにしても…
      土落とし用エリアを設けて、そこに100均で売ってるようなプラスチックシャモジみたいなもの用意するだけでも
      違うとおもうんだけどなあ。
      いくら『お願い』としてもユーザーにだけ一方的な負担を強いてることには変わらないし。

      KXF差別はホントに意味分からない。
      MFJの音量測定の基準じゃ4メーカー同じでも、KX系は実走行時にはウルサイらしい?
      でもそれを言ったら06ぐらいまでの94dbマフラー仕様に換装したCRF系統もたいがい煩いし、グラスウールが焼け尽くしても放置してるような(ウールも純正品は高いからねえ)人達も同じでは?

コメントを残す

新製品情報:Roczenマニアは要チェック! RCH Racingファンウェア

新製品情報です。オフロードバイクの総合用品店ダートフリークにKen Roczen(ケン・ロクスン)が所属するRCH(Ricky Carmichael and Carey Hart) Racingのファンウェアが入荷してい […]

DirtNPからのご挨拶

みなさんこんにちは、いい匂いのするダートバイクニュースサイトDirtNPの管理人ホッパーです。明日、3月31日でみなさんとはお別れです。DirtNPとして最後のご挨拶をさせていただきます。ギリギリ31日でも良かったんです […]

BTM春木:エンデューロイラストレイテッド

BIGTANK MAGAZINE春木です。「エンデューロイラストレイテッド」という本があります。ENDURO21.COMという、世界で最も有力なエンデューロ系ポータルサイトを運営している英国のジャーナリスト、ジョンティ・ […]

新製品情報:Reedレプリカに! FACTORY EFFEX 2016 レプリカグラフィックキット

新製品情報です。オフロードバイクの総合用品店ダートフリークにChad Reed(チャド・リード)が所属するUS YAMAHA FACTORY TEAMのFACTORY EFFEX 2016レプリカグラフィックキットが入荷 […]