BTM春木:エンデューロイラストレイテッド

Posted by BTM Haruki On 3月 - 30 - 2016

EI2sam

BIGTANK MAGAZINE春木です。「エンデューロイラストレイテッド」という本があります。ENDURO21.COMという、世界で最も有力なエンデューロ系ポータルサイトを運営している英国のジャーナリスト、ジョンティ・エドマンズという人が出版しているもので、2012年までは、年に一度、FIMエンデューロ世界選手権やISDE(6日間)の写真、レポートをまとめたフォトアニュアル(年鑑)として、印刷物で出版されていましたが、現在は、2ヶ月に1度のペースで発行される電子書籍として出版しているものです。フィジカルブック(紙の本)の時代から世界中に読者がいて、エンデューロの分野では文句無しのトップメディアで、その影響力は絶大です。
[gas]

何せ、無料で読めるのです。メディアの在り方も変化しました。それが良いことか悪いことか、あるいはどっちでもいいか、わかりませんが、とにかくタダです。「無料で読める!」と言ったら「いや、英語だし、読めるかどうかはその人次第じゃないですか?」というコメントをいただきました(あざっす!)。確かにそうです。ぼくも、この雑誌の専門的な文章を完全に理解するのは難しいです。でも、ライダーの名前とか、ちょっとしたことなら、写真と一緒に見ることでかなり理解できる人が多いでしょう。エンデューロに興味のある人もない人も、一度開いてみてください。新しい世界があるかもしれません。英語のワールドワイドな発信力がうらやましくもあります。

EJD2

ぼくが出版しているBIGTANK誌は、エンデューロやラリーの専門的な情報を取り扱う本ですから、誰よりもワールドエンデューロのことを早く、深く知るために、エンデューロイラストレイテッドが大切な情報源になってきました。以前は毎年EWCのシーズンが終わって11月下旬に出版されるのを心待ちにし、「発売しました!」というアナウンスが出るとすぐにオーダー。国際郵便が届くのを今か今かと待ちかまえていたものです。そして届くと、辞書を片手に記事にくまなく目を通していました。EWCの取材に行く時も、最新刊を携えていたり…。バイブルだったんですね。現在は、年鑑から、隔月刊になって、1冊の中身はかなり少なくなりました。欲を言えば、以前のような「紙の本」もあったらいいのに、と思ってもいますがこれは時代の流れですね。

メディアの在り方や、存在意義は、時代の中で変化します。ぼくがやっているBIGTANK誌も、いつまで印刷物として存在し続けるかわからないし、また、いつかはやめなければならない時もくるはずです。でもそういう時が来たとしても、発信してきた情報は、受け取った人たちの中に必ず残っていて、言葉や表現方法を変えて伝播していくものです。心をこめて作ったものは、眼には見えなくても、必ず価値ある何かを残します。なんとなく一過性の情報のように見える電子的なメディアも実はまったく同じで、そういう意味では、扇情的な見出しに頼って中身の無いものが目立つ最近のバイラルメディア的な手法の産物には、感心できないものが多いです。どんな場合にも、発信する以上はちょっとでもいいから価値のあるものを、と考えるのがメディアの責任ではないかと思うからです。読んで「時間の無駄だった」と思わせるようなものが溢れかえる世の中です。その点、ホッパーちゃんのdirtNPの記事には、いつもさりげない批評精神が隠されているということを、読者の皆さんは知っていると思います。dirtNP以前のターヌポの時から、ダートバイク系のトップポータルサイトとしての時代を築くことになった理由はそこにあったと、ぼくは見ています。ちょっと話が脱線したようですが、エンデューロイラストレイテッドも同じだと思うのです。紙から電子的なメディアにかわっても、やるべきことの本質は変化しないと。
[gas]

コメントを残す

新製品情報:Roczenマニアは要チェック! RCH Racingファンウェア

新製品情報です。オフロードバイクの総合用品店ダートフリークにKen Roczen(ケン・ロクスン)が所属するRCH(Ricky Carmichael and Carey Hart) Racingのファンウェアが入荷してい […]

DirtNPからのご挨拶

みなさんこんにちは、いい匂いのするダートバイクニュースサイトDirtNPの管理人ホッパーです。明日、3月31日でみなさんとはお別れです。DirtNPとして最後のご挨拶をさせていただきます。ギリギリ31日でも良かったんです […]

BTM春木:エンデューロイラストレイテッド

BIGTANK MAGAZINE春木です。「エンデューロイラストレイテッド」という本があります。ENDURO21.COMという、世界で最も有力なエンデューロ系ポータルサイトを運営している英国のジャーナリスト、ジョンティ・ […]

新製品情報:Reedレプリカに! FACTORY EFFEX 2016 レプリカグラフィックキット

新製品情報です。オフロードバイクの総合用品店ダートフリークにChad Reed(チャド・リード)が所属するUS YAMAHA FACTORY TEAMのFACTORY EFFEX 2016レプリカグラフィックキットが入荷 […]