BTM春木:ジャンキー稲垣出版のダカール本

Posted by BTM Haruki On 3月 - 25 - 2016

94e283d57f3ebd711973cf8762480be8sam

BIGTANK MAGAZINE春木です。今回は「ジャンキー稲垣出版のダカール本」をご紹介します。この本の面白いところは、ごく普通のレース取材によって編集されたものではないというところです。貧乏プレスが、最低限の費用と手段で、世界最大のモータースポーツイベントにコミットしようとチャレンジする。そのストーリーが、あまり格好をつけずに綴られています。ジャンキー稲垣氏は、エンデューロを中心に取り組んでいるジャーナリストでフリーランスのエディター。相当荒削りですが、独特の感性で、日本のオフロードシーンの熱源になろうとし、実際、ひとつの熱源になっていると思います。ちなみに、この本の原稿は、ハルキも書かせていただいています。
[gas]

前半は、2016年のダカールラリーのモメンタムなストーリーで、ラリーの流れと取材の様子が描かれています。なんといっても面白いのは、なかなかラリーをフォローできないところです。なんとかラリーを取材しようとするんだけれども、なかなかラリーに接触することすらできない! 300mmのレンズをつけたキャノンを背負い、ここぞと待ち構えていた砂丘で”スカ”を食らいます。ステージキャンセルになるような豪雨の中、2輪駆動のレンタカーで単独、ルートを突き進みます。挙句の果てに虎の子のカメラもPCも…。後半は、古今のダカールにコミットする日本人たちのインタビュー。こちらも読み応えがあるものです。「ろくに取材できていないのに、ダカールの本なんか作れるのか?」とハルキは思っていました。でも、百聞は一見に如かず。どんな形であっても現場の風に触れることは、当然のところながら重要なのです。

EJD
もともと、この本は、2月中に発売される予定でしたが、2度、発売日が延期されて、3月31日発売ということになっています。一般に流通する本だと、いろんな制約がありますから、発売日が延期されるなど(ペナルティが大きいため)まずあり得ないのですが、マイクロ的出版だとこういうことがあります。いや、ないほうがいいのですが、事実あります。ぼくが知っているこうした予約方式の出版で(ぼくが出したものを含めて)、当初の予定通りの発売日にリリースされたものをまだ見たことがありません。申し訳ございません。発売は3月31日、こちらからどうぞ

94e283d57f3ebd711973cf8762480be8
[gas]

コメントを残す

新製品情報:Roczenマニアは要チェック! RCH Racingファンウェア

新製品情報です。オフロードバイクの総合用品店ダートフリークにKen Roczen(ケン・ロクスン)が所属するRCH(Ricky Carmichael and Carey Hart) Racingのファンウェアが入荷してい […]

DirtNPからのご挨拶

みなさんこんにちは、いい匂いのするダートバイクニュースサイトDirtNPの管理人ホッパーです。明日、3月31日でみなさんとはお別れです。DirtNPとして最後のご挨拶をさせていただきます。ギリギリ31日でも良かったんです […]

BTM春木:エンデューロイラストレイテッド

BIGTANK MAGAZINE春木です。「エンデューロイラストレイテッド」という本があります。ENDURO21.COMという、世界で最も有力なエンデューロ系ポータルサイトを運営している英国のジャーナリスト、ジョンティ・ […]

新製品情報:Reedレプリカに! FACTORY EFFEX 2016 レプリカグラフィックキット

新製品情報です。オフロードバイクの総合用品店ダートフリークにChad Reed(チャド・リード)が所属するUS YAMAHA FACTORY TEAMのFACTORY EFFEX 2016レプリカグラフィックキットが入荷 […]