14mx09

連戦が続くAMAモトクロス。中部から西岸へ移動。7月27日(現地:7月26日)にワシントン州で開催された第9戦ワシューガルのラップチャートグラフとフル動画をアップです。
[gas]

450
Moto 1 フル動画  携帯用動画リンク
インターバル / ラップチャート Top 10 +  ≫Moto 1 リザルト
Moto 2 フル動画  携帯用動画リンク
インターバル / ラップチャート Top 10 +  ≫Moto 2 リザルト
表彰台  ≫総合リザルト 全一覧
OA Res. Pts. # Rider 昨年のランク Nat. Team/Sponsors
1 1 1 50 . #5 Dungey, Ryan 2 Red Bull KTM
2 2 2 44 #3 Tomac, Eli 250-1 GEICO Honda
3 3 3 40 #94 Roczen, Ken 250-2 Red Bull KTM
ポイント スタンディング 第9戦終了時(全12戦) ≫全一覧
Pos. +,- Pts. # Rider 昨年のランク Nat. Team/Sponsors
1 = 407 #94 Roczen, Ken 250-2 Red Bull KTM
2 = 393 . #5 Dungey, Ryan 2 Red Bull KTM
3 = 330 #41 Canard, Trey  Team Honda Muscle Milk
4 256 #24 Metcalfe, Brett 19 オーストラリア Monster Energy Kawasaki
5 226 #7 Stewart, James 5 Yoshimura Suzuki
6 = 218 #33 Grant, Josh 10 JGR Yamaha
7 218 #29 Short, Andrew 7 BTO Sports KTM
8 217 #40 Peick, Weston 17 RCH Racing
9 = 212 #3 Tomac, Eli 250-1 GEICO Honda
10 = 156 #22 Reed, Chad 15 オーストラリア Two Two Motorsports
….ということで、またしても同じメンバーの表彰台ですね。これで5戦連続です。前戦はEli Tomac(イーライ・トマック)がピンピンでしたが、今大会はRyan Dungey(ライアン・ダンジー)がピンピンの完勝。ヒート1のほうでは今季初の最速ラップタイムも叩き出しています。首位のKen Roczen(ケン・ロクスン)は開幕から9連続の表彰台をマークしましたが、対するピンピンのRyan Dungey(ライアン・ダンジー)がビハインドを10点詰め、その差を14点に縮めました。完全に射程圏内ですね。
ファクトリー・ホンダの代役ライダーを務めるFredrik Noren(フレドリック・ノレン)は前戦を上回る総合8位(9-7)をマーク。James Stewart(ジェームス・スチュワート)とJosh Grant(ジョシュ・グラント)の欠場で押し上げられた面もあると思いますが、トップライダー勢の後ろにきっちりと付けているところは立派です。
250
Moto 1 フル動画  携帯用動画リンク
インターバル / ラップチャート Top 10 +  ≫Moto 1 リザルト
Moto 2 フル動画  携帯用動画リンク
インターバル / ラップチャート Top 10 +  ≫Moto 2 リザルト
表彰台  ≫総合リザルト 全一覧
OA Res. Pts. # Rider 昨年のランク Nat. Team/Sponsors
1 1 1 50 #25 Musquin, Marvin 3 Red Bull KTM
2 5 2 38 #4 Baggett, Blake 4 Pro Circuit Kawasaki
3 4 4 36 . #19 Martin, Jeremy 6 Yamalube Star Yamaha
ポイント スタンディング 第9戦終了時(全12戦) ≫全一覧
Pos. +,- Pts. # Rider 昨年のランク Nat. Team/Sponsors
1 = 377 #19 Martin, Jeremy 6 Yamalube Star Yamaha
2 = 334 #37 Webb, Cooper 9 Yamalube Star Yamaha
3 = 323 #4 Baggett, Blake 4 Pro Circuit Kawasaki
4 291 #25 Musquin, Marvin 3 Red Bull KTM
5 274 #32 Bogle, Justin 7 GEICO Honda
6 274 #377 Pourcel, Christophe  Valli Yamaha
7 = 236 . #17 Anderson, Jason 8 Rockstar Energy Racing
8 = 212 #21 Seely, Cole 11 TLD Lucas Oil Honda
9 = 185 #50 Nelson, Jessy 21 TLD Lucas Oil Honda
10 156 #55 Martin, Alex 19 Rock River Yamaha
….ということで、Marvin Muquin(マービン・ムスキャン)がピンピンの総合優勝をマーク。両ヒートとも、最速ラップタイムも叩き出しています。ネイションズのメンバーに選ばれなかったことで、逆に発奮したんでしょうかね。見事な優勝でした。
ランキングは欠場のJustin Hill(ジャスティン・ヒル)がトップ10から消え、代わって首位ジェレミーの兄Alex Martin(アレックス・マーチン)が今季初のトップ10に食い込んできました。
事前情報 2014.07.25
第9戦 ワシューガル 日本時間:7/27(日) 現地:7/26(土) Washougal MX Park Washougal, WA
リザルト  ≫天気予報
Alli Sports RacerX TWMX MX Sports Pro Honda Suzuki Kawasaki Yamaha KTM
ライブタイミングfor Mobile) ≫ライブストリーム ≫スケジュール詳細
 日本 (7/27 日曜)  現地 (7/26 土曜)  カテゴリー  形式
 05:05  13:05~  Moto 1 450  30分+2周
 06:05  14:05~  Moto 1 250  30分+2周
 07:15  15:15~  Moto 2 450  30分+2周
 08:15  16:15~  Moto 2 250  30分+2周
Track Map
携帯用動画リンク
450 ポイント スタンディング Top 10  ≫全一覧
Pos. +,- Pts. # Rider 昨年のランク Nat. Team/Sponsors
1 = 367 #94 Roczen, Ken 250-2 Red Bull KTM
2 = -24 . #5 Dungey, Ryan 2 Red Bull KTM
3 = -65 #41 Canard, Trey  Team Honda Muscle Milk
4 = -141 #7 Stewart, James 5 Yoshimura Suzuki
5 = -145 #24 Metcalfe, Brett 19 オーストラリア Monster Energy Kawasaki
6 = -149 #33 Grant, Josh 10 JGR Yamaha
7 = -179 #40 Peick, Weston 17 RCH Racing
8 = -180 #29 Short, Andrew 7 BTO Sports KTM
9 -199 #3 Tomac, Eli 250-1 GEICO Honda
10 -221 #22 Reed, Chad 15 オーストラリア Two Two Motorsports
….と言うことで、 開幕から表彰台を外していない首位のKen Roczen(ケン・ロクスン)。9連続の登壇なるか?。ビハインド24点で追うチームメイトのRyan Dungey(ライアン・ダンジー)も好調。表彰台を外したのは第4戦のみ。前戦スプリングクリークではKen Roczen(ケン・ロクスン)をわずかに上回り、点差を2点詰めました。ここも含めて残り4戦。追いつくことができるかどうか?
ホンダのTrey Canard(トレイ・カナード)は単独でランク3位を堅持。大きく崩れることなく、安定したリザルトを刻み続けています。以下、James Stewart(ジェームス・スチュワート)からJosh Grant(ジョシュ・グラント)までは大接戦。ポジション変動必至のバトルに注目です。※追記:James Stewart(ジェームス・スチュワート)は前日に欠場を発表(体調不良)。Josh Grant(ジョシュ・グラント)は予選のクラッシュで決勝は未出走。
第5戦テネシーから復帰のEli Tomac(イーライ・トマック)は4連続の表彰台をマーク中。前戦スプリングクリークではピンピンの総合優勝をマークし、早くもランクトップ10圏内に食い込んできています。復帰から5連続の登壇なるか?に注目です。
引き続き、ファクトリー・ホンダの代役ライダーを務めるFredrik Noren(フレドリック・ノレン)の結果も気になるところ。前戦スプリングクリークでは今季初の総合シングル(9位)をマーク。これを上回るフィニッシュなるか?
スタンディングの変動 Top 10 +
表彰台 CA CA CO PA TN MI MD MN WA NY IN UT
. Roczen, Ken 8 2 1 1 2 1 1 2 3
Dungey, Ryan 7 1 2 3 2 3 1 2
Tomac, Eli 4 3 2 3 1
Canard, Trey 3 3 3 3
Stewart, James 2 2 1
総合優勝 CA CA CO PA TN MI MD MN WA NY IN UT
Roczen, Ken 4 1 1 1 1
Dungey, Ryan 2 1 1
Stewart, James 1 1
Tomac, Eli 1 1
ヒート優勝 CA CA CO PA TN MI MD MN WA NY IN UT
Roczen, Ken 7 1 1 1 1 1 1 1
Dungey, Ryan 3 1 1 1
Stewart, James 3 1 1 1
Tomac, Eli 2 1 1
Grant, Josh 1 1
主なライダーの欠場情報
Jake Weimer(Kaw)…第4戦ハイポイントで肩を負傷。第8戦スプリングクリークで復帰したが、準備不足で再欠場。第10戦ユナディラで再復帰を予定。
Justin Barcia(Hon)…慢性的な足首の不具合を改善するために手術。シリーズ離脱。
Davi Millsaps(KTM)…シーズンオフにACL手術。復帰を延期し、不参戦かも。
Wil Hahn(Hon)…SXシリーズの怪我で欠場中。不参戦かも。
Broc Tickle(Suz)…SXシリーズの怪我で欠場中。復帰未定。
Ryan Villopoto(Kaw)…SXシリーズ終了後に膝の手術を決行。アウトドアは不参戦。
250 ポイント スタンディング Top 10  ≫全一覧
Pos. +,- Pts. # Rider 昨年のランク Nat. Team
1 = 341 #19 Martin, Jeremy 6 Yamalube Star Yamaha
2 -43 #37 Webb, Cooper 9 Yamalube Star Yamaha
3 -56 #4 Baggett, Blake 4 Pro Circuit Kawasaki
4 -95 #377 Pourcel, Christophe  Valli Yamaha
5 -100 #25 Musquin, Marvin 3 Red Bull KTM
6 -101 #32 Bogle, Justin 7 GEICO Honda
7 -105 . #17 Anderson, Jason 8 Rockstar Energy Racing
8 = -153 #21 Seely, Cole 11 TLD Lucas Oil Honda
9 -177 #50 Nelson, Jessy 21 TLD Lucas Oil Honda
10 -191 #35 Hill, Justin 12(欠場) Pro Circuit Kawasaki
前戦スプリングクリークで総合4勝目をマークしたJeremy Martin(ジェレミー・マーチン)が首位の座を堅持。第5戦以外は全て登壇しています。後続はチームメイトのCooper Web(クーパー・ウェブ)がランク2位の座を再奪取。スターヤマハが再び1-2体制を築きましたが、カワサキのBlake Baggett(#4 ブレイク・バゲット)も大きく離されることなく踏ん張っています。再浮上なるか?Cooper Web(クーパー・ウェブ)とのポジション争いに注目です。
以下、Christophe Pourcel(クリストフ・プーセル)からJason Anderson(ジェイソン・アンダーソン)までの4台が大接戦。ポジション変動必至のバトルに注目です。
スタンディングの変動 Top 10
表彰台 CA CA CO PA TN MI MD MN WA NY IN UT
. Martin, Jeremy 7 1 1 3 2 1 2 1
Baggett, Blake 4 1 1 2 1
Webb, Cooper 4 2 2 1 3
Anderson, Jason 3 3 3 3
Musquin, Marvin 2 2 2
Bogle, Justin 2 2 3
Pourcel, Christophe 1 3
Seely, Cole 1 3
総合優勝 CA CA CO PA TN MI MD MN WA NY IN UT
Martin, Jeremy 4 1 1 1 1
Baggett, Blake 3 1 1 1
Webb, Cooper 1 1
ヒート優勝 CA CA CO PA TN MI MD MN WA NY IN UT
Martin, Jeremy 7 1 1 1 1 1 1 1
Baggett, Blake 5 1 1 1 1 1
Webb, Cooper 3 1 1 1
Anderson, Jason 1 1
主なライダーの欠場情報
Justin Hill(Kaw)…前腕を痛めて欠場。復帰は第10戦ユナディラを予定。
Kyle Cunningham(Hon)…第8戦スプリングクリークで親指を負傷。復帰は第10戦ユナディラを予定。
Zach Osborne(Hon)…開幕戦グレンヘレンで親指を負傷(手術)。復帰は第10戦ユナディラを予定。
Martin Davalos(Kaw)…SXシリーズの怪我で欠場中。復帰未定。
Adam Cianciarulo(Kaw)…SXシリーズで肩を負傷・手術。復帰未定。
Darryn Durham(Kaw)…SXシリーズの怪我で欠場中。終盤に復帰予定。

Comments are closed.

新製品情報:Roczenマニアは要チェック! RCH Racingファンウェア

新製品情報です。オフロードバイクの総合用品店ダートフリークにKen Roczen(ケン・ロクスン)が所属するRCH(Ricky Carmichael and Carey Hart) Racingのファンウェアが入荷してい […]

DirtNPからのご挨拶

みなさんこんにちは、いい匂いのするダートバイクニュースサイトDirtNPの管理人ホッパーです。明日、3月31日でみなさんとはお別れです。DirtNPとして最後のご挨拶をさせていただきます。ギリギリ31日でも良かったんです […]

BTM春木:エンデューロイラストレイテッド

BIGTANK MAGAZINE春木です。「エンデューロイラストレイテッド」という本があります。ENDURO21.COMという、世界で最も有力なエンデューロ系ポータルサイトを運営している英国のジャーナリスト、ジョンティ・ […]

新製品情報:Reedレプリカに! FACTORY EFFEX 2016 レプリカグラフィックキット

新製品情報です。オフロードバイクの総合用品店ダートフリークにChad Reed(チャド・リード)が所属するUS YAMAHA FACTORY TEAMのFACTORY EFFEX 2016レプリカグラフィックキットが入荷 […]