SHOEI VFX-Wが国内で買えるようになるかも!?

Posted by ホッパーちゃん On 12月 - 30 - 2009

SHOEIのVFXシリーズの最新モデルである「VFX-W」はこれまで日本国内では消費生活用製品安全法の基準に引っかかってしまうため買うことができませんでした。しかし、国内販売の可能性が出てきたようです。




球面(75R)規定により国内販売できなかったVFX-W

そもそもなぜVFX-Wを国内販売できないのか。それはVFX-Wの特徴ともいうべき後部形状が消費生活用製品安全法で定められる球面(75R)規定に適合しないから。この球面(75R)規定っていうのは「ヘルメットの曲面は球面(半径75mm 以上)とする」と定めた法律で、まぁ要するに「ヘルメットが尖ってたりしたら何かあった際に危ないから丸くしておいてね」という取り決めのこと。ヘルメットに先の尖った部分があったら絡んだ時とか確かに危ないですもんね。でも、VFX-Wの後ろの形状って危ないほど尖ってるかなぁ。正確にはこんな風に書かれています。

帽体の日本工業規格T8133(1994年)乗車用安全帽5.2.1(2)に定める保護範囲を覆う部分の形状は、曲率半径75ミリメートル以上の連続した凸曲面であること。ただし、縁巻き及び風防の取付け等のための必要最小限の凹凸については、この限りでない。また、保護範囲を覆う部分以外の形状は、凹凸が著しくないこと。

VFX-Wが危ないか危なくないかの議論には意味がないのでひとまず置いといて。この球面(75R)規定というのは日本独自の決まりなんですね。ですから日本の法律が適用されない海外でVFX-Wを販売することには問題がなかったわけです。そして今日まで、僕が知っている限りVFX-W後部の出っ張りでひどい目にあったという人の話は聞こえてきていません。きっと安全だから日本でもかぶりたい! と思っても法律で決まっている以上しょうがない。これまではずっと指をくわえて眺めているしかありませんでした。多くの人がVFX-Wを買いたいと問い合わせをしたようで、SHOEIのサイトにはこんなFAQもアップされています。

▲うーん、やっぱりカッコいいよコレ。


消費生活用製品安全法が改訂されることに

ところがここに来て経済産業省が関係特定製品の技術上の基準等に関する省令の改正案を発表しました。リンク先にあるPDF「改正概要」「新旧対照表」を見れば分かりますが、簡単に説明すると、国内独自の基準だったこれまでの球面(75R)規定を国際的に運用されている規格と整合化しようじゃないか、という内容が含まれています(圧力鍋とかハーフ/セミジェットヘルメットの件は割愛 🙂 )。というより球面(75R)規定がまるっと削除されています。なお、耐貫通性試験の安全基準を見直すなど別の変更もありますから、きちんと安全を考慮した上での改訂なんだと思います。

これが実現すればSHOEI VFX-Wが日本国内で販売される可能性も出てきます(現在のモデルは海外向けに内装などが特別な仕様となっているため国内向けに新たな内装を開発する必要はあるでしょうけど)。イヤフー! でも浮かれるのはまだ早い。だってこれはまだ改正案ですから。すんなり通ることをモトクロスの神様に祈るしかない? 実は僕らにもやれることがあるのでした。

経済産業省がパブリックコメントを募集中

経済産業省はこの改定案を発表するにあたりパブリックコメントを募集しています。パブリックコメントって何だ? wikipediaには「パブリックコメント(Public Comment、意見公募手続)とは、公的な機関が規則あるいは命令などの類のものを制定しようとするときに、広く公に(=パブリック)に、意見・情報・改善案など(=コメント)を求める手続をいう。公的な機関が規則などを定める前に、その影響が及ぶ対象者などの意見を事前に聴取し、その結果を反映させることによって、よりよい行政を目指すものである。通称パブコメ」と書かれています。

勝手に決めないよ、ちゃんと市民の意見を聞いてから決めるよ、ってことでしょうか。つまり現段階では案として提出していることもパブコメに反対意見が多ければ撤回する可能性があるということです。やーばい。僕らに出来ることはこの改定案を見て「んだんだー、そう思うわー」と賛成のコメントを届けるか「うーん、やっぱ危ねぇかも知れないからやめといた方がいいんじゃないの?」と反対のコメントを送るかのどちらかです。賛成・反対どちらにすべきかは僕が強制したり勧めたりするようなことじゃないと思うのでそれぞれが自分で考えてコメントするのがいいと思います。僕は球面(75R)規定削除の件に賛成する旨のパブリックコメントを寄せることにします。やっぱメーカーが最新の技術を投じて作った安全性の高いヘルメットをかぶってモトクロスがしたいからね。

どうすりゃいい

方法です。こちらの「意見公募要領」の3ページ目をプリントアウトして必要事項を記入した上で03-3501-6201までFAXするか以下の住所まで郵送する。なお、封筒の件名を「経済産業省関係特定製品の技術上の基準等に関する省令の一部改正案に対する意見」として送付して下さいとのこと。

〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1
経済産業省商務流通グループ製品安全課あて

そして一番簡単なのがE-mailによるコメント送付です。3ページ目にある項目を自分でメールに書いてコメントを記入、 pubcome-productsafety@meti.go.jp まで送りましょう。こちらも件名を「経済産業省関係特定製品の技術上の基準等に関する省令の一部改正案に対する意見」とするのをお忘れなく。球面(75R)規格のことについてのコメントであることを「該当箇所」に、「意見内容」と「理由」には自分の考えを記入しましょう。間違っても「ショーエイのVFX-Wが異常にカッコいいのでかぶりたいので!」みたいなコメントはしない方向で 🙂 。なお、パブコメの募集締切りは2010年1月25日まで。正月休みを利用してコメ初めするしか。

2 Responses to “SHOEI VFX-Wが国内で買えるようになるかも!?”

  1. 匿名 より:

    かっこいい・・・ぜひ販売するべき

  2. […] This post was mentioned on Twitter by yuhamipp, HaRu. HaRu said: ダートヌポーツ » Blog Archive » SHOEI VFX-Wが国内で買えるようになるかも!?http://bit.ly/6AQfpQ […]

コメントを残す

新製品情報:Roczenマニアは要チェック! RCH Racingファンウェア

新製品情報です。オフロードバイクの総合用品店ダートフリークにKen Roczen(ケン・ロクスン)が所属するRCH(Ricky Carmichael and Carey Hart) Racingのファンウェアが入荷してい […]

DirtNPからのご挨拶

みなさんこんにちは、いい匂いのするダートバイクニュースサイトDirtNPの管理人ホッパーです。明日、3月31日でみなさんとはお別れです。DirtNPとして最後のご挨拶をさせていただきます。ギリギリ31日でも良かったんです […]

BTM春木:エンデューロイラストレイテッド

BIGTANK MAGAZINE春木です。「エンデューロイラストレイテッド」という本があります。ENDURO21.COMという、世界で最も有力なエンデューロ系ポータルサイトを運営している英国のジャーナリスト、ジョンティ・ […]

新製品情報:Reedレプリカに! FACTORY EFFEX 2016 レプリカグラフィックキット

新製品情報です。オフロードバイクの総合用品店ダートフリークにChad Reed(チャド・リード)が所属するUS YAMAHA FACTORY TEAMのFACTORY EFFEX 2016レプリカグラフィックキットが入荷 […]