リザルト: 2012 GNCC 第7戦 マウンテニア, WV

Posted by コージー On 5月 - 31 - 2012

今季2勝目、開幕から全戦表彰台をキープした上の人(#2)。小池田猛(#113)はベスト更新!先週末(5月27日)に開催されたGNCC第7戦マウンテニアのビデオとデータ、小池田レポートをアップです…
[gas]

携帯向けリンク 1 ≫携帯向けリンク 2 ≫携帯向けリンク 3
XC1 Lap Chart  ≫データ一覧
Mullins(#1_KTM)メカニカルトラブルでリタイア。Kanney(#116_Hon)背中を痛めており、ペースが上がらず。Jarrett(#44_Hon)ローターをひん曲げてリタイア。
….と言うことで、小池田猛(#113)がベスト更新の5位フィニッシュ。3位表彰台のRory Mead(#15)とのタイム差は2分40秒。表彰台が視野に入ってきた…ってな感じですね。今後の更なるベストフィニッシュに期待しましょう。
同点で迎える接戦の首位争いは、今季2勝目を挙げたPaul Whibley(#2)が首位に再浮上。開幕から全て表彰台と安定してますね。今季5勝目を狙っていたKailub Russell(#557)は14秒及ばず。終盤にラインを色々と変えてアタックしたようですが、それが返ってタイムロスに繋がってしまったようです。岩ゴロゴロを得意とするRory Mead(#15)は今季3度目の表彰台を獲得。
ディフェンディングチャンピオンのCharlie Mullins(#112)は2戦連続でメカニカルトラブル。今回はメカニックを代えて臨んだようですが、またしても残念な結果に終わってしまいました。前戦ライムストーンでプレミア初の表彰台を獲得したルーキーJordan Ashburn(#10)はWR450Fで出走したようですが、セットアップに苦しんで7位止まり。このところ苦戦が続いているホンダ勢は、怪我を引きずりながら出走中のNate Kanney(#116)が完走するのが精一杯という状況。Jimmy Jarrett(#44)はローターを曲げた反動で前方に投げ出され、2戦連続のリタイアとなっています。
XC2のほうはシーズン前の怪我で第3戦からの出場となったハスクバーナのAndrew Delong(#8)が2連勝。総合でも3位をマークしています。シリーズ前半を圧勝していた首位のSteward Baylor Jr.(#5)は手首を痛めており欠場。ポイントを少しでも上積むために1周だけ走る計画もあったようですが、結局、出て来ませんでした。それでも開幕から5連勝の貯金があるので、首位の座をまだ余裕でキープしています。他、詳しくは下記URLのオフィシャルレポートなどでどうぞ。
http://www.gnccracing.com/articles/4286_inaugural-mountaineer-run-gncc-makes-a-mark-in-wv
以下、Werx Unlimited 経由で届いた小池田猛(#113)の本人レポートです。

GNCC R-7報告書 5月27日 ウエストバージニア州 The mountaineer で行われました。

コース場に近くになるにつれ、山々が険しくあたりは岩山で、今回のコースはすでに厳しいコースだなと、思いながら入りました。パドックも平らな所があまり無く、いくつもの山をパドックやコースに使っていました。

山の中の中腹付近は岩がゴロゴロのウッズを登ったり下ったり。山裾付近は、水が出て来ているので、グチャグチャなマディーウッズでした。山から出ると、埃でバフバフ、全開ハイスピード芝生。ものすごくテクニカルなコースでした。一周約10マイル(16キロ)で、30分ぐらいで回っていました。今回、次回と岩登りがすごいと聞いていたので、リクルスのオートマクラッチを入れ臨みました。

スタート、リクルスの威力で出だしは良かったものの、アウト側からの位置だったので飲み込まれました。6,7位で、山に入り、989デュバル、557ラッセルらと走っていました。岩だらけで、スピードも遅く、前も後ろも跳ねられロデオ状態でみんな攻めていきます。今回はすごく調子が良くデュバルの後ろをぴったり走っていました。いつでも抜かせれるように真後ろに居たとき、デッカイ岩盤があり、そこに見えずに入ったため、対応が遅れ、前後タイヤが滑り転倒。リクルスのおかげでエンジンがかかっていたので、すぐに走り始めたが、数台に抜かれた焦りで、またもや転倒。ばらばらになっていました。一周目でXC2クラスのライダーに4人も抜かれ、ぼろぼろでしたが、落ち着いてまずは、付いて行こうと思いました。

調子も取り戻し、XC2ライダーのペースもそんなに速く感じず、XC2ライダー2人ほど抜き、くっ付いていきました。どんどん追い上げて行き984バーチや10アッシュバーンなど抜いて行きました。給油後に217エドミステンにぴったりマークされていましたが、順調に走って行きました。気がついたらXC1、5位に上がっていたので自分でも驚いていました。

ラスト一周、エドミステンとの争いになりました。お互いにかなり疲れていましたが、最後の力を振り絞り走りました。一瞬のミスで強引に抜かれ、自分に負けそうにもなりましたが、とどまり、抜き返し、またもや抜かれ、抜き返しで、意地の張り合い気力との戦いでした。最後はエドミステンが先に諦め、離れて行きましたが、最後にまた来るかも知れないと思い最後まで、全開でした。結果XC1クラス、5位に入りました。

今回のコースは凄くテクニカルでみんなもミスが多く、難しいコースで体力も奪われましたが、最後まで攻めて走れるように体力もついてきているのでこの調子で頑張って行きたいなと思っています。ついに5位に入りましたが、気を引き締め、更なる上を目指して頑張って行きます。

GNCC R7 ウエストバージニア州  the mountaineer

オイル  10W-50使用
気温30℃ぐらい、コースは山々の中で平らな所がほとんどなく、石岩が多く、そしてマディーのセクションもあり、山から出ると全開のハイスピードな所もありテクニカルなコースでした。

今回はリクルスのオートマクラッチを入れての参戦でした。リクルスとの愛称も非常に良かったと思います。3時間なんの問題もなく最後までスムーズにエンジンは回ってくれました。

小池田猛

XC1 Points Standings Top 10 + ≫XC1 全一覧  第7戦終了時
Pos +,- Pts # Rider 昨年のランク Team
1 177 #2 Whibley, Paul 2 Am-Pro Yamaha
2 172 #557 Russell, Kailub 4 FMF / KTM
3 = 129 . #112 Mullins, Charlie 1 FMF / KTM
4 = 126 #15 Mead, Rory 14 WMR Off Road Racing
5 = 115 #989 Duvall, Thad 7 Shenandoah Honda
6 = 103 #16 Ashburn, Jordan XC2-2 Am-Pro Yamaha
7 93 #217 Edmisten, Garrett 18 Garrett Edmisten
8 92 #984 Bach, Chris 12 Obermeyer Yamaha
9 = 77 #121 Buttrick, Cory 6 FMF / KTM
10 = 76 #116 Kanney, Nathan 5 JG Offroad Racing Honda
11 76 #113 小池田 猛  Koikeda Sports
12 67 #44 Jarrett, Jimmy 8 JG Offroad Racing Honda
スタンディングの変動 Top 10 +
表彰台 FL GA NC SC KY IN WV WV OH NY OH IN TN
Whibley, P. 7 1 3 2 2 3 2 1
. Russell, K. 5 1 1 1 1 2
Mullins, C. 4 2 2 3 2
Mead, R. 3 3 1 3
Ashburn, J. 1 3
Buttrick, C. 1 3
…と言うことで、ほぼ隔週で開催されてきたGNCCですが、お次はちょい長めのインターバルを経て6月下旬(24日)の開催。同州ウエストバージニアのスノーシューとなります。

コメントを残す

新製品情報:Roczenマニアは要チェック! RCH Racingファンウェア

新製品情報です。オフロードバイクの総合用品店ダートフリークにKen Roczen(ケン・ロクスン)が所属するRCH(Ricky Carmichael and Carey Hart) Racingのファンウェアが入荷してい […]

DirtNPからのご挨拶

みなさんこんにちは、いい匂いのするダートバイクニュースサイトDirtNPの管理人ホッパーです。明日、3月31日でみなさんとはお別れです。DirtNPとして最後のご挨拶をさせていただきます。ギリギリ31日でも良かったんです […]

BTM春木:エンデューロイラストレイテッド

BIGTANK MAGAZINE春木です。「エンデューロイラストレイテッド」という本があります。ENDURO21.COMという、世界で最も有力なエンデューロ系ポータルサイトを運営している英国のジャーナリスト、ジョンティ・ […]

新製品情報:Reedレプリカに! FACTORY EFFEX 2016 レプリカグラフィックキット

新製品情報です。オフロードバイクの総合用品店ダートフリークにChad Reed(チャド・リード)が所属するUS YAMAHA FACTORY TEAMのFACTORY EFFEX 2016レプリカグラフィックキットが入荷 […]