リザルト: 2012 GNCC 第3戦 スティールクリーク, NC

Posted by コージー On 4月 - 6 - 2012

2連勝を飾り、早くも首位争いに絡むまで挽回してきた上の人(#557)。小池田猛(#113)フル参戦のGNCC第3戦スティールクリークのハイライト動画とラップチャートデータを…。※小池田猛のレポートを追加アップ!
[gas]

首位Paul Whibley(#2)を1点差で追うディフェンディングチャンピオンのCharlie Mullins(#112)、第2戦を制したKailub Russell(#557)、フル参戦の小池田猛(#113)らに注目の第3戦スティールクリークの結果は以下の通り…です。
携帯向けリンク 1 ≫携帯向けリンク 2 ≫携帯向けリンク 3 ≫携帯向けリンク 4
XC1 Lap Chart  ≫データ一覧
…ということで、小児麻痺救済募金運動の一環としてGoing Purple(紫をテーマ)で開催された第3戦。地元ノースカロライナ州出身のKailub Russell(#557)が2連勝を飾り、開幕戦で下位に沈んでしまった状況から早くもランク2位にまで挽回してきました。首位のPaul Whibley(#2)は開幕から3連続のホールショットを獲得するも、序盤はKTM勢に先行を許す展開。終盤にピットインの隙を突いて2位にまで浮上し、開幕から3連続の表彰台。首位の座をきっちりとキープしました。昨年のここスティールクリークで悔しい思い(フィニッシュ直前の転倒で優勝を逃がした)ディフェンディングチャンピオンのCharlie Mullins(#112)は、序盤に上位を走りながらも体調が思わしくなくエネルギーを消耗。6位まで順位を下げてしまいました。
小池田猛(#113)は9位でフィニッシュ。ランクを一つ挽回して10位に浮上しました。ランク6位のRory Mead(#15)とは僅か8点差の混戦グループに身を置いているので、今後の急浮上に期待。※下記、Werx Unlimited 経由で届いた小池田猛の本人レポートです。

GNCC第3戦 ノースカロライナ Morgantonの報告をします。
今回のレースは山や川があり、自然が豊かな美しいオートキャンプ場で開催されました。参加者、観戦する人も今までで一番多く、盛り上がりを見せていました。

アップダウンが多く、川砂で崩れやすくコースが荒れていました。また、川の中を何回も往復し、ウッズセクションは少なく1周25分ぐらいのコースでした。

キックスタート、エンジンのかかるタイミングは分かってきましたが、その後の動作が遅れ10番手くらいでした。スタート後はみんなの後ろをついていき、何人かパスしましたが前半、トップ集団との差があまりなく7、8番手をキープしながら中盤の給油まで順調に走っていきました。その後も攻めて走り、周回遅れのライダーをパスしながらペースを上げていきました。

橋の下をくぐり、川を渡りきったコーナーで前のライダーを抜かそうとしたときに石にタイヤが取られ転倒。川の中に左手をついてしまいました。そのときは直ぐリカバリーし再スタートしましたが、左手がすべり、ビッグヒルのウッズの上りで左手が抜けてしまい、アクセルを全開にしたまま右側の木にハンドルがひっかかりその反動で左側の木に衝突、頭と手を強く打ちつけました。

目の前が真っ黒になり、左手の感覚がないまま、なんとか再スタートしなければと体制を立て直しましたが、左手は握る事が出来ず、感覚がなくハンドルに押し付けている事しか出来ませんでした。川の中や、砂で荒れているコースでハンドルを自分の方へ引き上げる事ができず、タイムが落ちていくばかりでしが、ピットインしグローブを交換し走り続けました。

後半に入りだんだん感覚が戻ってくると今度は手と首が痛み始めました。ラスト1周、前に10~20秒の差でライダーがいたので、なんとか追いつこうとしましたが体が悲鳴をあげ、ペースが上がらず、9位でゴールとなりました。

今回のレースは前半、トップ集団の後ろにつき、ラインも見えて自分では順調に走れていたのですが、転倒後、直ぐリカバリーできず、完走するだけで精一杯になってしまいました。

なんとか上位でゴールできるように、キックスタートから完璧に決まるように練習していきます。

応援してくれたみなさん、ありがとうございました。

XC2はSteward Baylor Jr.(#5_KTM)がぶっち切りの開幕から3連勝。総合でも2位に食い込んでいます。尚、出場を予定していたJosh Strangは怪我の回復が遅れて欠場。このスティールクリークを3連覇していただけに、残念…でした。次戦のビッグバックには出場(予定)とのこと。他、詳しくは下記URLのレポートなどでどうぞ。
http://www.gnccracing.com/articles/4039_russell-captures-second-straight-victory
http://www.digitaloffroad.com/2012/04/02/russell-makes-it-two-in-a-row/
http://www.cyclenews.com/articles/off-road/2012/04/02/russell-again-at-steele-creek-gncc/
XC1 Points Standings Top 10  ≫XC1 全一覧
Pos +,- Pts # Rider 昨年のランク Team
1 = 76 #2 Whibley, Paul 2 Am-Pro Yamaha
2 69 #557 Russell, Kailub 4 FMF / KTM
3 65 . #112 Mullins, Charlie 1 FMF / KTM
4 = 52 #989 Duvall, Thad 7 Shenandoah Honda
5 50 #121 Buttrick, Cory 6 FMF / KTM
6 44 #15 Mead, Rory 14 WMR Off Road Racing
7 40 #16 Ashburn, Jordan XC2-2 Am-Pro Yamaha
8 = 39 #217 Edminsten, Garrett 18 Garrett Edminsten
9 39 #984 Bach, Chris 12 Beta Racing USA
10 36 #113 小池田 猛  Koikeda Sports
…と言うことで、お次の第4戦は4月15日。下のサウスカロライナ州で開催されるビッグバックとなります(事前情報をアップする予定…です)。

One Response to “リザルト: 2012 GNCC 第3戦 スティールクリーク, NC”

コメントを残す

新製品情報:Roczenマニアは要チェック! RCH Racingファンウェア

新製品情報です。オフロードバイクの総合用品店ダートフリークにKen Roczen(ケン・ロクスン)が所属するRCH(Ricky Carmichael and Carey Hart) Racingのファンウェアが入荷してい […]

DirtNPからのご挨拶

みなさんこんにちは、いい匂いのするダートバイクニュースサイトDirtNPの管理人ホッパーです。明日、3月31日でみなさんとはお別れです。DirtNPとして最後のご挨拶をさせていただきます。ギリギリ31日でも良かったんです […]

BTM春木:エンデューロイラストレイテッド

BIGTANK MAGAZINE春木です。「エンデューロイラストレイテッド」という本があります。ENDURO21.COMという、世界で最も有力なエンデューロ系ポータルサイトを運営している英国のジャーナリスト、ジョンティ・ […]

新製品情報:Reedレプリカに! FACTORY EFFEX 2016 レプリカグラフィックキット

新製品情報です。オフロードバイクの総合用品店ダートフリークにChad Reed(チャド・リード)が所属するUS YAMAHA FACTORY TEAMのFACTORY EFFEX 2016レプリカグラフィックキットが入荷 […]