Flat Track Expressより。今年の5月に2012年5月をもって営業を終了することが決定したツインリンクもてぎのダートトラックですが、現在営業終了撤回を求める署名運動が展開中。これホントに無くしちゃっていいの? と僕も思うので掲載させていただきます。リンク先からでも、下の埋め込みPDFにある↓アイコンからでもダウンロード可能。
[gas]

本年5月、ツインリンクもてぎ総支配人名にて2012年5月を以って、ツインリンクもてぎダートトラックの営業終了と今年度でのダートトラックレースの終了が決定発表されました。概要としては経済環境の悪化を挙げています。ツインリンクもてぎ総支配人からの営業終了についての詳細は添付したPDFをご覧ください。

しかしダートトラック関しての具体的な経理資料は開示されておりません。これはダートトラックの閉鎖が経営上の意味を成さないことを示す証左と考えています。

また、これまでレースやスポーツ走行時のミーティング内においても、経営改善策の実施状況や提案の募集、結果の開示もないため、参加者、関係者としては突然の打ち切り通告でした。特に私には考えられない措置でした。

今後、発展するアジア諸国から日本へ、モータースポーツを目的とした旅行が増えることが予想されます。我々が遠く欧米に希望を求め、マシンを作り彼の地で走らせるように、アジアの方々も日本を訪れるでしょう。なぜなら彼らの乗るマシンの多くは日本製でありホンダ製なのです。

サーキットは大切な観光資源です。震災の影響で国内の経済状況や来場者が一時的に落ち込むことがあっても、海外、特にアジアには成長する国々はいつも存在するのです。これらの国々へ競技を宣伝し、参加者を募り、彼らを招き、共にモータースポーツを楽しむのは、成熟し製造業を若い国々に譲り渡した我々の役目なのです。

そしてツインリンクもてぎダートトラックはダートトラック競技の本場アメリカ以外では特に整備された稀有なトラックなのです。

我々にはダートトラックの経営を継続するための改善策があります。

–参加者の少ないスポーツ走行よりもレースの回数を増やす
–2つあるダートトラックを期間を区切って集中整備、集中利用する

等、経営資源であるダートトラックとスタッフをより有効に活用することで現在の経営状況を改善できると考えます。

この他にも特定の共済案件について経営側が嫌気を感じていることも今回の営業終了に少なくない影響を及ぼしている等内部事情が漏れ聞こえ始めており、具体的な改善や解決できる課題、将来への展望が見えてきたことで、営業終了発表時点より撤回への機運が高まっております。

すでにご存知の方もいらっしゃることと思いますがこの決定に対し撤回を求める署名活動が始まっています。

ダートトラックを形ばかりの経営合理化作の生贄にさせないため、ダートトラック競技を存続し発展させるため、そしてダートトラック以外の競技への影響を食いとどめるため我々を交渉のテーブルへ押し上げてください。そのためにより多くの署名を求めています。回収期限は11月末日と期間は短いのですが、この機会に署名活動にご協力いただけますようお願いします。





onanysundayDirtNP STORE (ダートエヌピーストア)

栄光のライダー ON ANY SUNDAY スペシャル・エディション

ブルース・ブラウン監督自ら監修したデジタルリマスター本編。史上初のモーターサイクル・ドキュメンタリーにして、製作から40年近くを経た現在まで、そして今後もこれを超える作品は出てこないであろうドキュメンタリー映画の金字塔的作品。マックイーン自ら製作資金を捻出、オートバイのスピードとスリルに魅せられた男たちの、栄光を賭けた熾烈な戦いを記録したドキュメンタリー映画史上にその名を残す不朽の名作!マックィーン没後から30年、待望のスペシャル・エディションDVD登場!

狂気とも思えるスピードへの挑戦、生死を賭しての冒険への情熱こそが、この世界に生きる男たちの人生であり、ドラマなのだ…。二輪の世界にカメラを持ち込み、オートバイに魅せられた男たちの姿とバイクの楽しさを、ある時は息をのむ迫力で、ある時はユーモラスに、そして詩情豊かに描いた傑作中の傑作。

また本作はモーターサイクルスポーツを世界的に劇的に広めた作品として、二輪業界への功績は計り知れない。中でもホンダ、ヤマハ、スズキ、カワサキなど日本のオートバイメーカーは本作を機に世界的なブランドになっていった。オートバイが”楽しいもの”であることを世に広め、モーターサイクルをスポーツとして確立させたのが本作である。

【特典映像】
・SONS OF SUNDAY-現代のトップライダーたちが語る「栄光のライダー」の凄さ。
・BEHIND THE SCENES-製作秘話ほか情報満載のドキュメント。名作「エンドレスサマー」も登場するほか、マックィーン参加の経緯など、「栄光のライダー」の背景を堪能することができる。
・TRIBUTE TO STEVE McQUEEN-マックィーンのバイクへの情熱を、本編未収録映像とブルース・ブラウンのナレーションで綴る。マックイーン自らナレーションをつとめた「栄光のライダー」のTVスポット映像も収録。

(DVD1枚/本編89分/特典映像70分/日本語字幕/NTSC)


One Response to “「ツインリンクもてぎダートトラック営業終了撤回への署名」協力のお願い”

  1. jk より:

    てっぺーさんのメッセージ動画

コメントを残す

新製品情報:Roczenマニアは要チェック! RCH Racingファンウェア

新製品情報です。オフロードバイクの総合用品店ダートフリークにKen Roczen(ケン・ロクスン)が所属するRCH(Ricky Carmichael and Carey Hart) Racingのファンウェアが入荷してい […]

DirtNPからのご挨拶

みなさんこんにちは、いい匂いのするダートバイクニュースサイトDirtNPの管理人ホッパーです。明日、3月31日でみなさんとはお別れです。DirtNPとして最後のご挨拶をさせていただきます。ギリギリ31日でも良かったんです […]

BTM春木:エンデューロイラストレイテッド

BIGTANK MAGAZINE春木です。「エンデューロイラストレイテッド」という本があります。ENDURO21.COMという、世界で最も有力なエンデューロ系ポータルサイトを運営している英国のジャーナリスト、ジョンティ・ […]

新製品情報:Reedレプリカに! FACTORY EFFEX 2016 レプリカグラフィックキット

新製品情報です。オフロードバイクの総合用品店ダートフリークにChad Reed(チャド・リード)が所属するUS YAMAHA FACTORY TEAMのFACTORY EFFEX 2016レプリカグラフィックキットが入荷 […]