最終戦を待たずしてタイトルが決まっちゃった250の上の人。第11戦スティールシティのラップチャートをアップです。
[gas]

450 Video ≫携帯用動画リンク
250 Video ≫携帯用動画リンク
450  レポート≫TWMX
Moto 1 Lap Chart Top 10 +  ≫Moto 1 Results.pdf
Moto 2 Lap Chart Top 10 +  ≫Moto 2 Results.pdf
表彰  ≫全一覧.pdf
OA Res. Pts. # Rider 昨年のランク Nat. Team
1 1 1 50 #2 Villopoto, R.  USA Monster Energy Kawasaki
2 2 2 44 #1 Dungey, R. 1 USA Rockstar / Makita Suzuki
3 3 4 38 #24 Metcalfe, B. 2 AUS Rockstar / Makita Suzuki
突き放すか、詰め寄るかの攻防はVillopotoのほうに軍配…ということで。フィニッシュ目前の最終コーナーで抜かれてしまったDungeyでした。他、目立ったところでここ数戦お休みしていた250のNico Izzi(#42)がバリ・モータースポーツの援助で450デビュー。予選は4番手タイムだったので、こりゃ期待できるかな?と思いきや、本戦では奮わず。残念でした。GNCCのKailub Russell(#969)は予選44番手で不通過。
ポイント スタンディング  ≫全一覧.pdf
Pos. +,- Pts. # Rider 昨年のランク Nat. Team
1 = 481 #2 Villopoto, R.  USA Monster Energy
2 = -14 #1 Dungey, R. 1 USA Rockstar / Makita
3 確定 -79 #22 Reed, C. 11 AUS Two Two Motorsports
4 確定 -139 #24 Metcalfe, B. 2 AUS Rockstar / Makita
5 = -209 #800 Alessi, M. 5 USA Red Bull
6 = -230 #32 Weimer, J. 250-11 USA Monster Energy
250  レポート≫TWMX
Moto 1 Lap Chart Top 10 +  ≫Moto 1 Results.pdf
Moto 2 Lap Chart Top 10 +  ≫Moto 2 Results.pdf
表彰  ≫全一覧.pdf
OA Res. Pts. # Rider 昨年のランク Nat. Team
1 1 1 50 #15 Wilson, D. 4 SCO Pro Circuit
2 2 2 44 #19 Tomac, E. 6 USA GEICO
3 3 3 40 #125 Musquin, M.  FRA Red Bull
まだ自力では確定できない状況の首位Wilsonでしたが、後続のRattrayが表彰を外すリザルトに終わってしまったので決まっちゃいましたね。歴代24人目の新チャンピオン誕生です(外国勢では3人目)。本人はここで決まるとは思っていなかったようで、両親が会場に来ていなかったことが残念…とのこと。他、Marvin Muquinは初の表彰ですね。ここからプロデビューとなったKyle Peters(Star Racing Yamaha)と、怪我でシリーズ離脱となったPJ. Larsenの代役としてプロデビューとなったChris Plouffe(JDR Motorsports KTM)の結果はラップチャートでご確認を。共に今夏のロレッタリンで活躍したライダーですね。
ポイント スタンディング  ≫全一覧.pdf
Pos. +,- Pts. # Rider 昨年のランク Nat. Team
1 確定 488 #15 Wilson, D. 4 SCO Pro Circuit
2 = -52 #28 Rattray, T. 2 RSA Pro Circuit
3 = -61 #57 Baggett, B. 23 USA Pro Circuit
4 -198 #19 Tomac, E. 6 USA GEICO
5 -205 #35 Cunningham, K. 450-16 USA Star Racing
6 = -218 #387 Swanepoel, G. 25 RSA Star Racing
WMA  レポート≫TWMX
Moto 1 Lap Chart Top 10 +  ≫Moto 1 Results.pdf
Moto 2 Lap Chart Top 10 +  ≫Moto 2 Results.pdf
きっちりとコンスタントにまとめ、ランクを一つ挽回した金城さやかでした。詳しい報告は彼女のブログでご確認を。
総合リザルト  ≫全一覧.pdf
OA Res. Pts. # Rider 昨年のランク Nat. Team
1 1 1 50 #1 Patterson, J. 1 USA Star Racing
2 3 2 42 #67 Fiolek, A. 2 USA American Honda
3 2 3 42 #3 Gieger, T. 3 PUR Troy Lee Designs
ポイント スタンディング Top 3  ≫全一覧.pdf
OA +,- Pts. # Rider 昨年のランク Nat. Team
1 = 321 #67 Fiolek, A. 2 USA American Honda
2 = -22 #1 Patterson, J. 1 USA Star Racing
3 = -53 #3 Gieger, T. 3 PUR Troy Lee Designs
金城さやか 戦績
 Rd. 総合 Moto 1 Moto 2 ランク
 07 スティールシティ 8 7 8 9
 06 サウスウィック 13 6 26 10
 05 スプリングクリーク 14 6 22 10
 04 レッドバッド 5 6 6 8
 03 サンダーバレー 13 28 5 13
 02 フリーストーン 15 7 28 13
 01 ハングタウン 9 9 10 9
…と言うことで、今週末は最終戦ですね。250は決まっちゃったので、450のほうの最終結果を楽しみに待ちましょ~。西に飛んでライブは早朝の午前5時から…ですね。ではでは。
事前情報 2011.09.01
第11戦 スティールシティ 日本:9/4(日) 現地:9/3(土) Steel City Delmont, PA
プレエントリーリスト ≫天気予報 ≫ライブストリーム ≫ライブタイミングfor Mobile) ≫リザルト
Alli Sports MX Sports Pro RacerX TWMX KTM Kawasaki Suzuki Honda Yamaha 金城さやか
 日本 (9/4 日曜)  現地 (9/3 土曜)  カテゴリー  形式
 02:10  13:10~  Moto 1 450  30分+2周
 03:10  14:10~  Moto 1 250  30分+2周
 04:10  15:10~  Moto 1 Women’s  15分+1周
 05:05  16:05~  Moto 2 450  30分+2周
 06:05  17:05~  Moto 2 250  30分+2周
 07:05  18:05~  Moto 2 Women’s  15分+1周
先週同様、東側ということで夜更かし派に最適な夜中の2時からライブ開始です。≫スケジュール詳細.pdf
450 ポインツ & スタッツ  ≫全一覧.pdf
シリーズも残すはこのスティールシティと最終戦のパラのみ。開幕から全戦表彰のRyan Villopoto(Kaw)とディフェンディングチャンピオンのRyan Dungey(Suz)が一騎打ち…という状況は変わらず。先週のサウスウィックでヒート1を制したDungeyですが、続くヒート2は電機系のトラブルでスタートに間に合わず、遅れて出走というハプニング発生。にも関わらず、最後尾から驚異の追い上げで総合3位を獲得。首位Villopotoに対する失点をわずか1点に留め、一桁のビハインドのまま喰らい付いています。両者にとって突き放すか、詰め寄るかの非常に重要な一戦です。最終戦をより緊迫した状況にしてもらうためにも、ここはDungeyに勝ってもらいましょ~。
他、TLDホンダは舟状骨の骨折でシーズン離脱となるChristian Craig(#144)の代役として、先週のサウスウィックに出場したカナダのMX1チャンピオンColton Facciotti(#361)を起用。サウスウィックではヒート1で5位と大健闘(続くヒート2はシフターのトラブルでリタイア)。来季の参戦に繋げるためにも、上位フィニッシュに期待したいところ。Davi Millsaps(Yam)がここから復帰してくるかどうかは当日のお楽しみということで。プレエントリーにGNCCのKailub Russell(#969)の名が載っていますが、出てくるかどうかは当日のお楽しみということで。
スタンディングの変動 Top 10
250 ポインツ & スタッツ  ≫全一覧.pdf
首位のDean Wilson(Kaw)は逃げ切りそうですね…ということで、後続の気になるポジション争いは上記の通りです。開幕からプロサーキット勢に独占されていたヒート優勝の壁を遂に崩したスターレーシング・ヤマハSwanepoelの更なる活躍に注目したいところ。他、今夏のロレッタリンで活躍したKyle Peters(#210_Yam)がスターレーシング・ヤマハからプロデビュー。本来、第9戦のユナディラから出場する予定でしたが、ロレッタリンで背中を痛めたことでデビューが延期。遂にここからデビューということで、トップライダー勢や先にデビューしているJustin Bogle(#891_Hon)との比較に注目。ランキングTop10に喰い込んできたプライベーター最上位のAlex Martin(#46_Hon)の更なるベストフィニッシュにも期待したいところ。
話し変わって、スターレーシング・ヤマハは来季、現メンバーのKyle CunninghamRyan Sipesとは契約をせず、メンバーはSwanepoelAudetteが続行、新人のKyle Petersがこの週末のデビューから続行。加えてMalcolm Stewartがスターレーシングへ…という話しが以前から囁かれてますよね。SX西地区チャンピオンのBroc Tickleはこのアウトドアのほうで調子が上がらない状況が続いていますが、来季はどうなるのか?が気になるところ。プロサーキットとは2年契約を結んでいるはずですが、規約上、SXのほうは450にスウィッチしなければならない(と思う)ので、プロサとして450に送り込むのか、それともファクトリーカワサキとして450に乗るのか?ちなみに同僚のTyla RattrayはSXはプロサの250で、MXは450(プロサか否かは未定)の予定とのこと。
スタンディングの変動 Top 10
Women’s
Women’sの第7戦となるスティールシティ。引き続き、金城さやかに注目です。両ヒート共、コンスタントなリザルトに期待。頑張ってくださ~い。
金城さやか 戦績
 Rd. 総合 Moto 1 Moto 2 ランク
 06 サウスウィック 13 6 26 10
 05 スプリングクリーク 14 6 22 10
 04 レッドバッド 5 6 6 8
 03 サンダーバレー 13 28 5 13
 02 フリーストーン 15 7 28 13
 01 ハングタウン 9 9 10 9

コメントを残す

新製品情報:Roczenマニアは要チェック! RCH Racingファンウェア

新製品情報です。オフロードバイクの総合用品店ダートフリークにKen Roczen(ケン・ロクスン)が所属するRCH(Ricky Carmichael and Carey Hart) Racingのファンウェアが入荷してい […]

DirtNPからのご挨拶

みなさんこんにちは、いい匂いのするダートバイクニュースサイトDirtNPの管理人ホッパーです。明日、3月31日でみなさんとはお別れです。DirtNPとして最後のご挨拶をさせていただきます。ギリギリ31日でも良かったんです […]

BTM春木:エンデューロイラストレイテッド

BIGTANK MAGAZINE春木です。「エンデューロイラストレイテッド」という本があります。ENDURO21.COMという、世界で最も有力なエンデューロ系ポータルサイトを運営している英国のジャーナリスト、ジョンティ・ […]

新製品情報:Reedレプリカに! FACTORY EFFEX 2016 レプリカグラフィックキット

新製品情報です。オフロードバイクの総合用品店ダートフリークにChad Reed(チャド・リード)が所属するUS YAMAHA FACTORY TEAMのFACTORY EFFEX 2016レプリカグラフィックキットが入荷 […]