リザルト:2011 Erzberg Rodeo XVII

Posted by ホッパーちゃん On 6月 - 27 - 2011

今年もオーストリアのアイゼンナーツで開催されたエクストリームエンデューロイベント”Erzberg Rodeo XVII”(第17回エルツベルグロデオ)のハイライトムービー&リザルトです。日本から参戦していた田中太一がまたまたやってくれましたぜ。
[gas]

 
Red Bull Hare Scramble動画 ≫携帯向け動画リンク1 ≫携帯向け動画リンク2 ≫携帯向け動画リンク3 ≫携帯向け動画リンク4
2011 Red Bull Hare Scramble ≫リザルト ≫GEPA Pictures
公式リザルトが出ています。ウエットコンディションによりここ数年で最もハードなコンディションの中でRed Bull Hare Scrambleが行われました。動画はオフィシャルのが出たら追加していきますね。トップでチェッカーを受けたのはGraham Jarvis(グレアム・ジャービス)でしたが、途中チェックポイントを通過していない(というかチェックしてもらってない?)ことがわかり完走扱いになっていません。結果、優勝したのはKTMファクトリーのTadeusz Blazusiak(タデウス・ブラズシアク)。これで5連覇! でも危なかったってことですね。日本から参戦した田中太一は7位でフィニッシュ! 本人的には目指していた場所からはずいぶん離れたところだったようですが、応援団からしたら「ようやった、ようやった!(号泣)」状態です。なんといっても決勝500人で時間内完走9人(ちなみに全部2st)の中の7位ですからね、重みが違いますよ……。これでまた彼の新しい道が切り開かれたことを信じます。本人のコメントが届いたらまた追加いたしまうす。なんにしても完走&シングルフィニッシュおめでとう! 追記:田中太一から完走後のコメントが届きましたのでアップします。帰ってきたらみんなで労いましょう。

太一です!

生きてきた中で一番過酷だったレースを無事に完走でき、悪くない気分です。

計画通りスキルを上げることが出来たのも、レースから離れた多くの活動で得た経験を活かして、カートと兄弟並みの信頼関係が築けたことが大きかったですね。

今回はそのプロセスを公にオープンにしていたので、プロローグではプレッシャーもありましたが、みんなの応援を感じていたし、命を落としたくない恐怖が自分をコース上に止めてくれました。

これからも日本のみんなをエキサイトさせる為にプロフェッショナルで居続けられると確信してます。

ライダー同士、スキルも共有してお互いを高めていける。友人に恵まれた自分の人生、何だって出来そうな気分です。

近い将来、日本のレースで子供達に夢を与えられるような依頼を受けて、タフな姿を披露出来れば最高ですね。ライダーは鉄砲玉ではないので、煙たいと思われる人もいると思いますが、これからも好きにやらせて頂きますので、よろしくお願いします!

最後に、僕をサポートしてくれた全ての方にリスペクト!

                                           太一

時間内完走者Result
No Rider Machine Nat. Team
1 Blazusiak, Tadeusz KTM 250EXC POL KTM Factory Team
2 Lampkin, Dougie GasGas EC300E GBR Factory Gas Gas
3 Walker, Jonny KTM 300EXC GBR KORR
4 Hemingway, Ben KTM 300EXC GBR Eurotek KTM
5 Galindo, Xavier Husaberg TE300 ESP Husaberg Factory
6 Hemingway, Dan KTM 300EXC GBR Eurotek KT
7 Tanaka, Taichi KTM 300XCW JPN KTM Japan
8 Birch, Chris KTM 300EXC NZL Comsol Alfie Cox KTM
9 Enöckl, Lars KTM 250EXC AUT Cofain Racing Team
 
 
事前情報
2011 Erzberg Rodeo XVII 現地:6/23~6/26 erzberg, Republik Österreich
2011 Erzberg Rodeo XVII   ≫Starter List  ≫GEPA Pictures
田中太一Twitter 去年初参戦した時の模様
Iron Road Prologue携帯向け動画リンク
まだ予選タイムアタック”Iron Road Prologue”の動画がアップされてないようなので適当に見つけたヤツでお茶濁し。そのまま決勝レース”Red Bull Hare Scramble”のスタート順となる予選の結果PDFを以下に貼りつけておきますね。トップのふたりは誰ですか……似たようなチーム名ですけど地元スペシャル? Stefan Everts(ステファン・エバーツ)が3位(Hがついてないので決勝は出ず)、続く4位にTadeusz Blazusiak(タデウス・ブラズシアク)、ちょっと離れて11位にThierry Van Den Bosch(ティエリー・ヴァン・デン・ボッシュ)、さらにCyril Despres(シリル・デプレ)が12位、Chris Birch(クリス・バーチ)が14位とまさにエンデューロ・トライアル・モタード・ラリーレイドと様々なカテゴリーのトップライダーが名を連ねる結果となっています。だいこうふん。追記:Red Bullのオフィシャル動画に差し替え。

キャプション : GEPA-25061188031 - EISENERZ,AUSTRIA,25.JUN.11 - MOTORSPORT, MOTORRAD, MOTOCROSS - Erzbergrodeo 2011. Bild zeigt Taichi Tanaka (JPN). Foto: GEPA pictures/ Christopher Kelemen


気になる田中太一も見事29位で1列目スタートを確保!(ひと列50名) 泣ける……。イン側アウト側の違いこそあれど、基本的に横一線スタートですからね。細かいことを抜きにすれば、これでもうほとんどイコールコンディションですよ! どうなる決勝!

と思ったら、2日目の結果がまたまたアップされてたのでPDFを変更! いろいろ順位&注目ライダー陣の上位面子が変わってますが、田中太一は31位でちゃんと一列目ゲットしてます。ヤー楽しみ~。

2011 ErzbergRodeo Preview携帯向け動画リンク1携帯向け動画リンク2携帯向け動画リンク3
果たして誰がTadeusz Blazusiak(タデウス・ブラズシアク)の連勝を止めるのか!? 今年はなんとStefan Everts(ステファン・エバーツ)もIron Road Prologueを走るんだとか……。昨年、大会史上初の快挙となる5列目スタートからの13位完走という記録を残し、今年こそはTOP5、いやいや表彰台いっちゃうでしょ! と注目浴びまくり期待されまくりの田中太一もつぶやきによればプロローグ1回目を無転倒・ミスコース無しで終えています。その他、トップライダー陣が列席したプレスカンファレンスにも太一くんの姿が!(奥から2番目でDougie Lampkin(ドギー・ランプキン)と話してるのがそうです)

今年の太一くんはプロローグでのタイムアタック対策として、事前にカリフォルニアでKurt Caselli(カート・キャッセリ)らとスピードトレーニングを積んでいる上に、Glen Helenで開催されたLast Dog StandingというエクストリームイベントでKyle Redmond(カイル・レドモンド)、Cory Graffunder(コリー・グラフアンダー)に続いて3位という成績を残しています。注目を浴びて当然ですね(↓Last Dog Standingで撮影されたスライドショー&誰かのオンボード映像)。

erzbergDirtNP STORE (ダートエヌピーストア)

ENDURO AT ERZBERG 2009

オーストリアのエルツベルグ鉱山で開催される宇宙一過酷と言われるエクストリームエンデューロレース「ERZBERG RODEO(エルツベルグロデオ)」2009年大会の公式DVD。その厳しさは、30以上の国から集まった1500人のライダーのうち、決勝に進むことができたのが500人、さらに決勝を完走できたのがたったの21人という結果からも分かります。息を飲むような斜度のヒルクライムが連続する映像は一見の価値アリ。

(DVD1枚/本編90分/字幕なし/NTSC)


One Response to “リザルト:2011 Erzberg Rodeo XVII”

  1. belstaff gilet noir et blanc

コメントを残す

新製品情報:Roczenマニアは要チェック! RCH Racingファンウェア

新製品情報です。オフロードバイクの総合用品店ダートフリークにKen Roczen(ケン・ロクスン)が所属するRCH(Ricky Carmichael and Carey Hart) Racingのファンウェアが入荷してい […]

DirtNPからのご挨拶

みなさんこんにちは、いい匂いのするダートバイクニュースサイトDirtNPの管理人ホッパーです。明日、3月31日でみなさんとはお別れです。DirtNPとして最後のご挨拶をさせていただきます。ギリギリ31日でも良かったんです […]

BTM春木:エンデューロイラストレイテッド

BIGTANK MAGAZINE春木です。「エンデューロイラストレイテッド」という本があります。ENDURO21.COMという、世界で最も有力なエンデューロ系ポータルサイトを運営している英国のジャーナリスト、ジョンティ・ […]

新製品情報:Reedレプリカに! FACTORY EFFEX 2016 レプリカグラフィックキット

新製品情報です。オフロードバイクの総合用品店ダートフリークにChad Reed(チャド・リード)が所属するUS YAMAHA FACTORY TEAMのFACTORY EFFEX 2016レプリカグラフィックキットが入荷 […]