4連戦の2発目となるメリーランド州のバッズクリークです。両クラスとも混戦の上位陣。首位との差を更に詰めたいビロポートの連勝なるか?グラントの復帰にも注目。250はラトレイの首位キープなるか?
[gas]

450  レポート≫TWMX翻訳
Video  ≫携帯用動画リンク
 
Moto 1 Lap Chart Top 10 +  ≫Moto 1 Results.pdf
 
Moto 2 Lap Chart Top 10 +  ≫Moto 2 Results.pdf
 
総合リザルト  ≫全一覧.pdf
OA Res. Pts. # Rider 昨年のランク Nat. Team
1 3 1 45   #22 Reed, C. 11 AUS Two Two Motorsports
2 1 3 45   #2 Villopoto, R.  USA Monster Energy
3 2 2 44   #1 Dungey, R. 1 USA Rockstar / Makita
 
 
立ち位置は違えど、先週と同じメンバーの表彰台でしたね。今季3勝目を挙げたReedは開幕から4連続の表彰台。惜しくも同点2位のVillopotoも4連続の表彰台となった450です。ヒート1はVillopotoが後続に10秒ほどのアドバンテージを築いてブッチ切りか?と思いきや、コーナーでエンスト。すぐ後ろにDungeyが迫ってヒヤヒヤしましたが逃げ切ってトップフィニッシュ。Mike Alessi(#800_KTM)は相変わらずスタートが良いものの、下がっちゃいますね。総合5位で表彰台ならず…でした。中盤まで上位を走っていたTommy Hahn(#12_Yam)はコーナーで軽い転倒…なのにリタイアとなってしまいました。内側にボテッとコケただけなのに何でだろ?と思いきや、ハンドルが肋骨に当たったようでクラックもしくは骨折してるかも…とのこと。インタビューにも平然と応じていたのでひどい状況ではないと思いますが、ヒート2は出走せず。Millsapsはイマイチの総合7位に終わってしまい、トップグループから脱落気味。ランク4位はキープしたものの、セカンドグループのほうに吸収された感じになっちゃいましたね。Windhamは代役期間中の成績が良ければフルに走るかも…ということでしたが、このバッズクリークで最後。惜しくも表彰台ならずの総合4位でした。およそ半年振りの復帰となるJosh Grant(#33_Hon)は総合10位と微妙なところ。他、今季2度目のスポット参戦となるMike Brown(#3_KTM)は総合13位で累計ポイント31点を獲得。#3のナショナルゼッケン維持のノルマ達成です。両ヒートとも、WORCSのほうでライバルだったDietrichとの接戦を披露してくれました。そのDietrichは総合11位とモヤモヤ。ランクを一つ下げてしまって残念でした。
 
ポイント スタンディング  ≫全一覧.pdf
Pos. +,- Pts. # Rider 昨年のランク Nat. Team
1 = 183   #22 Reed, C. 11 AUS Two Two Motorsports
2 = -15   #2 Villopoto, R.  USA Monster Energy
3 = -28   #1 Dungey, R. 1 USA Rockstar / Makita
4 = -53   #18 Millsaps, D. 19 USA Joe Gibbs Racing
5 = -65   #24 Metcalfe, B. 2 AUS Rockstar / Makita
6 = -71   #14 Windham, K. 14 USA Ameirican Honda
7 -90   #32 Weimer, J. 250-11 USA Monster Energy
8 -91   #539 Dietrich, R.  USA VMS / Rockstar
 
 
250  レポート≫TWMX翻訳
Video  ≫携帯用動画リンク
 
Lap Chart Top 10 +  ≫Moto 1 Results.pdf
 
Lap Chart Top 10 +  ≫Moto 2 Results.pdf
 
総合リザルト  ≫全一覧.pdf
OA Res. Pts. # Rider 昨年のランク Nat. Team
1 2 1 47   #28 Rattray, T. 2 RSA Pro Circuit
2 1 3 45   #15 Wilson, D. 4 SCO Pro Circuit
3 6 2 37   #17 Barcia, J. 5 USA GEICO
 
 
今季2勝目を挙げたRattrayがレッドプレートをキープ。開幕から連続表彰台と絶好調です。総合2位の同僚Wilsonと共に、混戦から再び抜け出した感じとなったプロサーキット勢です。ホンダ勢はBarciaが予選2番手タイム、そして決勝でもやっと今季初の表彰台をゲット。手首を痛めていることに加え、MONOを発症…という状況にも関わらず、お見事でした。ランクも5位に浮上です。片や、ランク7位に付けていたSeelyは総合19位と奮わず。ランク10位へ大幅ダウンです。Darryn Durham(#37_Hon)はヒート1で上位を走りながらも転倒によるメカニカルトラブルでリタイア。
 
ポイント スタンディング    ≫全一覧.pdf
Pos. +,- Pts. # Rider 昨年のランク Nat. Team
1 = 174   #28 Rattray, T. 2 RSA Pro Circuit
2 = -4   #15 Wilson, D. 4 SCO Pro Circuit
3 = -30   #57 Baggett, B. 23 USA Pro Circuit
4 = -38   #19 Tomac, E. 6 USA GEICO
5 -58   #17 Barcia, J. 5 USA GEICO
6 -60   #35 Cunningham, K. 450-16 USA Star Racing
7 -75   #20 Tickle, B. 7 USA Pro Circuit
8 -83   #387 Swanepoel, G. 25 RSA Star Racing
9 -99   #23 Davalos, M. 9 ECU Rockstar Energy
10 -102   #36 Seely, C. 12 USA Troy Lee Designs
 
 
…と言うことで、今週末は中部へ移動して4連戦の3発目となるコロラド州のサンダーバレー。金城さやかが参戦するウイミンズの第3戦も併崔ということでお見逃しなく…です。
 
事前情報 2010.06.16
第4戦 バッズクリーク 日本:6/19(日) 現地:6/18(土) Budds Creek Mechanicsville, MD
エントリーリスト  ≫天気予報 ≫ライブストリーム ≫ライブタイミングfor Mobile) ≫リザルト
 
Alli Sports MX Sports Pro RacerX TWMX KTM Kawasaki Suzuki Honda Yamaha
 
 日本 (6/19 日曜)  現地 (6/18 土曜)  カテゴリー  形式
 
 02:10  13:10~  Moto 1 450  30分+2周
 03:10  14:10~  Moto 1 250  30分+2周
 04:38  15:38~  Moto 2 450  30分+2周
 05:40  16:40~  Moto 2 250  30分+2周
 
先週は夜更かしの延長でウトウトしながら視聴したせいか、展開が記憶に残らず…。と言うことで、今週は晩ゴハンを食べたら速攻で寝て、2時に起床しましょう。タイムスケジュール詳細はこちらで.pdf
 
450 ポインツ & スタッツ  ≫Top 20
 
先週のハイポイントで総合1-2のVillopotoDungeyが首位とのビハインドを詰めて反撃態勢。その後ろのMillsapsも交え、表彰台獲得組がトップ4を形成している450です。ここはMillsapsもしくはDungeyが勝てばますます面白くなるんですけどね、という感じのトップグループです。セカンドグループも僅差でひしめく混戦状態。ポジション変動必至と思われるので、このグループ内の走行位置にも要注目。そして、当初の予定通り、Josh Grant(#33_Hon)がこのバッズクリークで復帰。およそ半年振りの実戦となりますが、果たしてその結果や如何に?他、サマーブレイクに突入したWORCS組からはMike Brown(#3_KTM)が今季2度目のエントリー。開幕戦は総合15位とイマイチだったので、トップ10フィニッシュなるかに期待したいところ。Kevin Rookstool(#235_KTM)は開幕戦と先週のハイポイントに続いて今季3度目のエントリー。尚、モトコンセプツ・レーシングのChristophe Pourcel(#377_Yam)は解雇と言うことで。あっちのほうでお会いしましょう。
 
スタンディングの変動 Top 10 +
 
総合優勝 CA TX PA MD CO MI MN WA NY MA PA CA
  Reed, C. 2 1 1                    
  Villopoto, R. 1     1                  
   
ヒート優勝 CA TX PA MD CO MI MN WA NY MA PA CA
  Reed, C. 4 1 2 1                  
  Villopoto, R. 1     1                  
  Dungey, R. 1 1                      
   
表彰台 CA TX PA MD CO MI MN WA NY MA PA CA
  Reed, C. 3 1 1 3                  
  Villopoto, R. 3 3 3 1                  
  Dungey, R. 2 2   2                  
  Millsaps, D. 1   2                    
   
トップ周回 CA TX PA MD CO MI MN WA NY MA PA CA
  Reed, C. 28 8 10 10                  
  Dungey, R. 26 12 14                    
  Villopoto, R. 22 6   16                  
  Craig, C. 8   8                    
  Windham, K. 6 6                      
  Alessi, M. 4     4                  
   
最速ラップ CA TX PA MD CO MI MN WA NY MA PA CA
  Villopoto, R. 4 2 1 1                  
  Dungey, R. 1   1                    
  Alessi, M. 1     1                  
 
250 ポインツ & スタッツ  ≫Top 20
Pos. +,- Pts. # Rider 昨年のランク Nat. Team
1 127   #28 Rattray, T. 2 RSA Pro Circuit
2 -2   #15 Wilson, D. 4 SCO Pro Circuit
3 -11   #57 Baggett, B. 23 USA Pro Circuit
4 -23   #19 Tomac, E. 6 USA GEICO
5 = -37   #35 Cunningham, K. 450-16 USA Star Racing
6 = -48   #17 Barcia, J. 5 USA GEICO
7 -59   #36 Seely, C. 12 USA Troy Lee Designs
8 -60   #20 Tickle, B. 7 USA Pro Circuit
 
 
レッドプレートのWilsonが表彰台を外して首位陥落。上から下まで混戦状態の250です。自身初となるレッドプレートを獲得したRattrayは開幕から3連続の表彰台と絶好調。チームメイト同士の首位争いに大注目です。プロサーキット勢はTickleだけが表彰台を獲得していないので、ここらで一発なるか?にも注目したいところ。対するガイコのBarciaは手首を痛めているせいか、やや低迷してますね。めげずに今季初の表彰台に期待しましょ~。他、兄貴譲りのコスり具合がイカしてるMalcom Stewart(#139_Suz)は先週のハイポイントで総合11位。これを上回るフィニッシュなるか?にも注目したいところ。尚、Ryan Sipes(#25_Yam)は先週のクラッシュで頭部を強打したため、お休みするとのこと。
 
スタンディングの変動 Top 10
 
総合優勝 CA TX PA MD CO MI MN WA NY MA PA CA
  Baggett, B. 2 1   1                  
  Rattray, T. 1   1                    
   
ヒート優勝 CA TX PA MD CO MI MN WA NY MA PA CA
  Baggett, B. 3 1   2                  
  Wilson, D. 2 1 1                    
  Rattray, T. 1   1                    
   
表彰台 CA TX PA MD CO MI MN WA NY MA PA CA
  Rattray, T. 3 3 1 2                  
  Baggett, B. 2 1   1                  
  Wilson, D. 2 2 2                    
  Tomac, E. 1     3                  
  Cunningham, K. 1   3                    
   
トップ周回 CA TX PA MD CO MI MN WA NY MA PA CA
  Wilson, D. 26 12 14                    
  Baggett, B. 19 4 2 13                  
  Rattray, T. 17 8 3 6                  
  Barcia, J. 16 3 13                    
  Durham, D. 11     11                  
  Tomac, E. 4 4                      
  Izzi, N. 1     1                  
   
最速ラップ CA TX PA MD CO MI MN WA NY MA PA CA
  Baggett, B. 3 1   2                  
  Rattray, T. 1   1                    
  Wilson, D. 1 1                      
  Barcia, J. 1   1                    
 
Women’s
 
Women’sの次回開催は6月下旬のサンダーバレー(コロラド)となります。
 

One Response to “リザルト: AMAモトクロス 第4戦 バッズクリーク, MD 2011”

  1. mucus より:

    せいっ!

コメントを残す

新製品情報:Roczenマニアは要チェック! RCH Racingファンウェア

新製品情報です。オフロードバイクの総合用品店ダートフリークにKen Roczen(ケン・ロクスン)が所属するRCH(Ricky Carmichael and Carey Hart) Racingのファンウェアが入荷してい […]

DirtNPからのご挨拶

みなさんこんにちは、いい匂いのするダートバイクニュースサイトDirtNPの管理人ホッパーです。明日、3月31日でみなさんとはお別れです。DirtNPとして最後のご挨拶をさせていただきます。ギリギリ31日でも良かったんです […]

BTM春木:エンデューロイラストレイテッド

BIGTANK MAGAZINE春木です。「エンデューロイラストレイテッド」という本があります。ENDURO21.COMという、世界で最も有力なエンデューロ系ポータルサイトを運営している英国のジャーナリスト、ジョンティ・ […]

新製品情報:Reedレプリカに! FACTORY EFFEX 2016 レプリカグラフィックキット

新製品情報です。オフロードバイクの総合用品店ダートフリークにChad Reed(チャド・リード)が所属するUS YAMAHA FACTORY TEAMのFACTORY EFFEX 2016レプリカグラフィックキットが入荷 […]