First Look…MORIWAKI Racing Exhaust

Posted by ホッパーちゃん On 1月 - 19 - 2010

昨日の月曜日、埼玉県にあるモトクロスコース・オフロードヴィレッジでMORIWAKIのレーシングエキゾーストが装着された2010 CRF250R(2番平木号)に乗ってきました。


製品の特徴

2010モデルCRF250Rに専用設計されたMORIWAKIレーシングエキゾーストの特徴は全域でのパワー&トルクアップ。マフラー口径はかなり大きく見えるけど音量規制はきっちりクリアしてる模様。ノーマルから比べると見た目に長い印象ですが、チタン製ということで当然軽量化もなされています。

インプレッション

2番平木さんに誘われてノコノコでかけて行くと集まっていたのはTiLT Racing総帥のユージさん、セヌーさん、イバオのマネージャー、イバオ、馬力屋の悠久さん(ピション似のフランス人ハーフ)と平木さんと僕の7名。いったいこの中の誰にインプレ出来るってんだ?状態。でもまぁド素人なりに分かることがあるかも知れない、ということで交替で乗ってみました。

Bコースでは田中教世とかが練習していて邪魔したくなかったので、ガラッガラのAコースにコースイン。ちなみにノーマルの2010CRF250Rはしどきで1日レンタルして乗った経験あり。走り出してすぐ気付くのは……って言いたかったんだけどすぐには分からず。それどころか凄く自然に乗れるもんだから、わずか2周くらいでエキゾーストのインプレだってのを忘れて楽しく走りまわってしまいました。

そんなわけで後から気付いたことをいくつか。ノーマルってアクセルの開け口からポッとパワーが出る感じで低めのギアでバタバタやりがちな僕には疲れるところもあったんだけど、試乗したバイクは開け口の反応が緩いんで大変ラクチンでした(これはライダーの顔ぶれを聞いて事前にこういうセッティングを施してくれたモトロマンのおかげか)。とはいえ、開けていった先でしっかりパワーがモリモリしてくるのでなんちゃってライダーでも走ってる感が得られる。とにかく楽しく乗れました。以上!(勘弁してください)

セッティングについて

2010年モデルからフューエルインジェクションを搭載したCRF250Rは、バイクとパソコンをつないでソフト上でFIマッピングを変更するようになっています。市販車はノーマルエキゾーストの仕様でゼロマッピングを決定していますので、ただ交換しただけではエキゾーストとマフラー本来の性能は発揮できない。MORIWAKIがセッティングデータを付けてくれても、HRCが売っているPGM-FIセッティングツールを持ってなければセッティングのしようがないわけです(持ってた方が絶対いいと思うけどちょい高いよね……)。

2月上旬から販売を予定しているモトロマンでは、エキゾーストの装着とFIセッティングをセットで行ってくれる模様。予価は税込み11万5500円(セッティング工賃が含まれるかは不明)。なお、モトロマンでは今回のような1日体験装着を試せるキャンペーンを実施中です。気になる方はまずは電話かメールで申し込んでみるのがいいのではないかと。

※モトロマンのサイトにはステンレスモデルの記述がありますがチタン設定のみになるとのことでした。



2 Responses to “First Look…MORIWAKI Racing Exhaust”

  1. fitflop より:

    many folks allow us some nice methods so we want to exchange methods with other individuals, you should definitely shoot me a communication if interested.

  2. enoeno より:

    艦長が長い!(*゚・゚)ンッ?  違った(笑)管長が長いっすね、、トルクモリモリ系?

    にしても磨きがいのあるエキパイですね。あれ?チタンって磨けたっけ?でも凹みそう(笑)

コメントを残す

新製品情報:Roczenマニアは要チェック! RCH Racingファンウェア

新製品情報です。オフロードバイクの総合用品店ダートフリークにKen Roczen(ケン・ロクスン)が所属するRCH(Ricky Carmichael and Carey Hart) Racingのファンウェアが入荷してい […]

DirtNPからのご挨拶

みなさんこんにちは、いい匂いのするダートバイクニュースサイトDirtNPの管理人ホッパーです。明日、3月31日でみなさんとはお別れです。DirtNPとして最後のご挨拶をさせていただきます。ギリギリ31日でも良かったんです […]

BTM春木:エンデューロイラストレイテッド

BIGTANK MAGAZINE春木です。「エンデューロイラストレイテッド」という本があります。ENDURO21.COMという、世界で最も有力なエンデューロ系ポータルサイトを運営している英国のジャーナリスト、ジョンティ・ […]

新製品情報:Reedレプリカに! FACTORY EFFEX 2016 レプリカグラフィックキット

新製品情報です。オフロードバイクの総合用品店ダートフリークにChad Reed(チャド・リード)が所属するUS YAMAHA FACTORY TEAMのFACTORY EFFEX 2016レプリカグラフィックキットが入荷 […]