SXの興奮冷めやらぬまま早くも始動のAMAモトクロス開幕戦ハングタウンです。40周年の節目を迎えるシリーズ開幕を制したのは…ラップチャートグラフと動画をアップです。
[gas]

450  レポート≫TWMX翻訳
Video Moto 1 ハイライト / Moto 2 フルバージョン  ≫携帯用動画リンク
Moto 1 Lap Chart Top 10 +  ≫Moto 1 Results.pdf
Moto 2 Lap Chart Top 10 +  ≫Moto 2 Results.pdf
トップライダーが順当に上位を独占…ってな感じでしたね。間際になって参戦を表明したChad Reedは立場的にさほどプレッシャーもなく、楽しく走れたことが勝因でしょうかね。マシンはJosh Grantのファクトリーマシンを使用していたようです。ヒート1のほうで序盤にトップを走りながらも後退してしまったKevin Windhamは疲れてしまったのかな?と思いきや、メカニカルトラブルが発生した模様。ヒート2のほうはトラブルを解消して出走できたようです。耐久力に優るRicky Dietrichはさすがに後半に強いですね。ヒート1のほうは最終ラップにベストタイムを刻み、総合9位と健闘。Mike Brownは14点しか獲得できなかったので、いずれまた出てくると思われ。Andrew Shortはヒート2のほうで白煙を噴き出してリタイア。同僚のMike Alessiは1本目のプラクティスでトップタイムを叩き出しながらも、2本目で転倒して頭を強打。大事をとって決勝はお休みということで。決勝のライブ中にプラクティスの転倒シーンがちょろっと挿入されていましたね。本人としてはアウトドアのほうはヤル気満々だっただけに残念でしたね。第3戦のハイポイントから仕切り直すそうです。注目の成田亮はヒート2のほうは集中力が途切れてピットインしてしまったそうな。次回は第8戦のワシューガル(7月23日)に出場するそうです。
ポイント スタンディング Top 6
Pos. Pts. # Rider 昨年のランク Team
1 47 #22 Reed, C. 11 Two Two Motorsports
2 0 #1 Dungey, R. 1 Rockstar / Makita
3 -7 #2 Villopoto, R.  Monster Energy
4 -14 #14 Windham, K. 14 Ameirican Honda
5 -15 #18 Millsaps, D. 19 Joe Gibbs Racing
6 -15 #24 Metcalfe, B. 2 Rockstar / Makita
250  レポート≫TWMX翻訳
Video Moto 1 ハイライト / Moto 2 フルバージョン  ≫携帯用動画リンク
Moto 1 Lap Chart Top 10 +  ≫Moto 1 Results.pdf
Moto 2 Lap Chart Top 10 +  ≫Moto 2 Results.pdf
総合1-2-3を独占したプロサーキット勢でした。それにしてもBlake Baggettは速かったですね。アウトドアで初優勝。両ヒートで最速ラップを記録。ヒート1のほうはTomacまでは追いつかないだろうと思いきや、あれよあれよと差を詰めて最終ラップで抜いちゃいましたね。本人いわく、スーパークロスよりも屋外のほうが好きだそうです。
ポイント スタンディング Top 6
Pos. Pts. # Rider 昨年のランク Team
1 47 #57 Baggett, B. 23 Pro Circuit
2 -2 #15 Wilson, D. 4 Pro Circuit
3 -9 #28 Rattray, T. 2 Pro Circuit
4 -9 #19 Tomac, E. 6 GEICO
5 -14 #125 Musquin, M.  Red Bull
6 -19 #387 Swanepoel, G. 25 Star Racing
WMX  レポート≫TWMX翻訳
Moto 1 Lap Chart Top 10 +  ≫Moto 1 Results.pdf
Moto 2 Lap Chart Top 10 +  ≫Moto 2 Results.pdf
スズキ勢の中ではトップの総合9位に入った金城さやかです。WORCSのレディースチャンピオンKacy Martinez(#24_KTM)より速いということは、そっちのほうへ参戦すればチャンピオンになれますね。練習がてら参戦してみては…と思ったりして。と言うことはさておき、世界選手権からはチャンピオンのStephanie Laierもスポットで出場。それにしてもディフェンディングチャンピオンのJessica Pattersonはラップタイムなどを見ても速過ぎ…ですね。
ポイント スタンディング Top 3
Pos. Pts. # Rider 昨年のランク Team
1 50 #1 Patterson, J. 1 Star Racing
2 -6 #67 Fiolek, A. 2 American Honda
3 -10 #55 Laier, S.  Red Bull Teka
…と言うことで、第2戦は今週末。中部へ移動してテキサス州のフリーストーンとなります。ライブは草木も眠る丑三つ刻…の午前3時から。夜更かしか、早起きか、どっちにするか迷いそう…。ではでは。
事前情報 2010.05.19
開幕戦 ハングタウン 日本:5/22(日) 現地:5/21(土) Hangtown MX Classic Sacramento, CA
ライブストリーム ≫ライブタイミングfor Mobile) ≫リザルト ≫エントリーリスト ≫天気予報
Alli Sports MX Sports Pro 成田亮 金城さやか RacerX TWMX KTM Kawasaki Suzuki Honda Yamaha
 日本 (5/22 日曜)  現地 (5/21 土曜)  カテゴリー  形式
 05:10  13:10~  Moto 1 450  30分+2周
 06:10  14:10~  Moto 1 250  30分+2周
 07:10  15:10~  Moto 1 Women’s  15分+1周
 08:05  16:05~  Moto 2 450  30分+2周
 09:05  17:05~  Moto 2 250  30分+2周
 10:00  18:00~  Moto 2 Women’s  15分+1周
タイムスケジュール詳細はこちらで.pdf。昨年同様、モト1のライブストリームあり。ライブタイミングは全て。と言うことで、なんとも厳しい時間から始まるナショナル開幕です。今季も西側のラウンドは早起き、東側は夜更かし…ってな感じですね。
450
スーパークロスからの流れでライダー全員のピックアップは不要と思われますので簡単に。今季のSXチャンピオンRyan Villopotoは久し振りのアウトドアとなりますね。2008年に250でタイトルを獲得したものの、450にスウィッチした2009年は序盤で早々と戦線離脱。2010年は全戦お休みでしたからね。昨年の1-2ランカーを擁するスズキ勢はBrett Metcalfeが怪我から復帰。ナショナルへの出場がはっきりしなかったChad Reedはフル参戦を発表。James Stewartは前半の4戦まで出場するという話しでしたが、準備不足のため開幕戦は欠場。Canardの代役を務めるKevin Windhamはラスベガスの転倒で開幕戦に出れるかどうか微妙なところでしたが、大丈夫とのことで出走。そのTrey Canardは第6戦レッドバッドで復帰予定。KTMは450ccで走るMike Alessiと350ccのAndrew Short。そして青に乗り換えたChristophe Pourcelがいよいよ450に登場ということで実戦の結果に要注目。他、Jason Lawrenceがスズキシティから参戦。日本からは成田亮がエントリー。オフロード系からはRobby BellMike BrownKevin Rookstoolなどがスポット参戦。そして元WORCSチャンピオンのRicky Dietrichがモトクロスへ転身してフル参戦ですね。Brownはナショナルナンバーの#3を維持するための出走と思われますが、この開幕戦で規定の25ポイントを獲得できなかった場合、夏ごろにもう一度出てくると思われ。
250
西のチャンプBroc Tickleと東のチャンプJustin Barciaを筆頭とするSXライツの上位ランカー勢に加え、先週のUSGPを走ったMarvin Musquinも本命始動。混戦が予想される250です。東の開幕戦で負傷したGareth Swanepoelも復帰。Josh HansenはSXの契約のみなので不参戦。主な代役ライダーはNick PaluzziがIan Trettelの代わりにロックスタースズキから出走。SXライツでWil Hahnの代役を務めたJimmy DeCotisはこのナショナルではBlake Whartonの代役を務めることになっていますが、シアトルの怪我が癒えておらず、もう暫くお休み。
Women’s
言わずと知れた金城さやかの登場です。上位を走る実力は充分にあると思いますので、表彰台に期待。頑張ろ~。

2 Responses to “リザルト: AMAモトクロス 開幕戦 ハングタウン, CA 2011”

  1. mucus より:

    upされますた。

コメントを残す

新製品情報:Roczenマニアは要チェック! RCH Racingファンウェア

新製品情報です。オフロードバイクの総合用品店ダートフリークにKen Roczen(ケン・ロクスン)が所属するRCH(Ricky Carmichael and Carey Hart) Racingのファンウェアが入荷してい […]

DirtNPからのご挨拶

みなさんこんにちは、いい匂いのするダートバイクニュースサイトDirtNPの管理人ホッパーです。明日、3月31日でみなさんとはお別れです。DirtNPとして最後のご挨拶をさせていただきます。ギリギリ31日でも良かったんです […]

BTM春木:エンデューロイラストレイテッド

BIGTANK MAGAZINE春木です。「エンデューロイラストレイテッド」という本があります。ENDURO21.COMという、世界で最も有力なエンデューロ系ポータルサイトを運営している英国のジャーナリスト、ジョンティ・ […]

新製品情報:Reedレプリカに! FACTORY EFFEX 2016 レプリカグラフィックキット

新製品情報です。オフロードバイクの総合用品店ダートフリークにChad Reed(チャド・リード)が所属するUS YAMAHA FACTORY TEAMのFACTORY EFFEX 2016レプリカグラフィックキットが入荷 […]