「MX vs ATV ALIVE」Xbox360版でStewart Compoundを利用する方法

Posted by ホッパーちゃん On 5月 - 16 - 2011

アメリカで5月10日に発売されたばかりのPS3/Xbox360用モトクロスゲーム「MX vs ATV ALIVE(以下ALIVE)」、みなさんDirtNP STORE(ダートエヌピーストア)にてゲットしていただきましたでしょうか。ホッパーもここ数日、時間をみつけてはちょいちょいXbox360版を遊んでみました。で、いくつか分かったことがあるのでそれについて書こうと思います。
[gas]

ゲームソフト本体のお値段は安くするけど
ダウンロードコンテンツでお金を取るよ!

まず、今回のALIVEは本体ソフトを低価格に設定し、その後有料DLC(ダウンロードコンテンツ)で収益を回収する、というビジネスモデルを発売元のTHQが採用しています(Reflexに比べて2000円ぐらい安くなってるのはこのため)。これにはソフトが発売後すぐに中古市場に流れるのを抑制し、ゲームのプレイ寿命を延ばそうという目論見があるようです。まぁこのへんのメーカーの苦労は想像が付くので基本的に賛成なのですが、僕たち日本人が日本で遊ぶ場合にはいろいろと面倒な問題が発生します。そこで、今回は僕がXbox360で実際に行なった手順を解説していきたいと思います(PlayStation3は現在ネットワーク障害が発生しているためテストできず。回復したら追って試したいと思います)。

まず、何も考えずにXbox360を立ち上げALIVEのCDを挿入、これまで使っていた”Hopper88″というゲーマータグでゲームを起動します。Single Playerモードで遊んでみると普通に遊べます。次にXbox LIVE Multiplayerモードで遊んでみると、これもマッチング後サーバに接続し、普通に遊べました(外人らしきアカウントしかいなかったけど)。そして、次に肝心のDLCを獲得するためのMotoclub Depotモードに入ってみます。すると、Event(コースなど)やらGear(ウエア類)やらVehicle(バイクやATV)といった項目が並んでいるのですが、どれを選択してもダウンロード可能なアイテムが出てきません。これはいったい……?

国内ゲーマータグと
北米ゲーマータグの違い

これにはまず、Xbox360のゲーマータグに地域による違いがあることを説明しなければなりません。自分が知ってる限りでは、ゲーマータグには(日本)国内タグ、アジアタグ、北米タグ、欧州タグなどがあり、それぞれ提供されているサービスに若干の違いがあります。例えば、マーケットプレイスで提供されているゲームデモ。日本国内での発売予定がないソフトのデモ版は、当然日本のマーケットプレイスには登場しません。同じように、日本国内で発売されてないゲームのDLCもまた日本のマーケットプレイスでは表示されないのです。このため、ALIVEでDLCを利用するには国内タグとは別のタグが必要となってきます。ゲームが北米版ですから、とりあえず北米タグを作ってみましょう。

北米タグを作る方法は「Xbox360 北米アカウント」といったキーワードでインターネット検索すればいくらでも出てきますので、ここではあえて説明しませんし、また作成に関しては自己責任でお願いいたします。ただ、パソコンからでもXbox360のダッシュボードからでも作れるし、今使ってるものとは別のメールアドレスさえあれば10分以内に取得できるはずです。そして、北米タグを作成するとXbox360のゴールドメンバーシップ(オンライン対戦などに必要なXbox360の有料ネットワークサービス)が1カ月無料で提供されるはずです。ちなみに僕の北米タグはDirtNPです。ご家庭の事情によりボイスチャットができなかったりすることが多いですが、ぜひフレンド申請してみてください。

ではさっそく北米タグでログインしてALIVEを起動してみましょう。すると、Motoclub DepotにDLCがいくつか表示されるようになると思います。試しにEventを選択すると、”Stewart Compound”も表示されているはずです(ここで何も表示されてないとしたら、まだ国内タグでログインしている可能性があるので一度ログアウトしてから、先ほど取得した北米タグでログインし直しましょう)。THQでは、およそ発売から2週間おきに新しいDLC(有料・無料)をリリースすると発表しています。いまはStewart Compoundしかなくても、今後ここに新たなコースが増えていくということのようです。




DirtNP STORE(ダートエヌピーストア)でALIVEをご購入いただいた方、または別のお店から初期ロットを購入された方ならパッケージに「FREE James Stewart’s MX Compound ($10 Value) DLC Code Inside!」という丸いシールが貼ってあって、パッケージの中に英数25桁のCodeが書かれた紙が一枚ペラッと入ってるはずです。その紙を取り出したら、先ほどのStewart Compoundが表示されている画面で「REDEEM CODE(Xボタン)」を選択します。すると、25桁のCode入力画面が立ち上がりますので紙に書かれているCodeを入力します。うまくいけば、Stewart Compoundがダウンロードできるようになっているはずです。念のため注意しておきますが、このCodeを誰かに貸したりして別のXbox360から入力することは勧めません。というか、たぶんアクティベートしないと思います。↓JS’s Compoundにはこんな隠しバイクもあったりして!


携帯向け動画リンク

北米ゲーマータグをキープするには
PayPal、または北米用マイクロソフトポイントが必要

これでとりあえずBubbaのお庭で遊べるようになったわけですが、今後登場する新しいマップパック(というかすでにもうリリースされているけど)や、この先登場すると噂されている実車モトクロッサーなどをダウンロードするにはマイクロソフトポイント(別名ゲイツマネー)が必要となってきます。さー、ここからが非常に面倒くさいところです。通常日本国内のマーケットプレイスなどでDLCを利用する場合、クレジットカードかゲームショップなどで販売されているマイクロソフトポイントカードというプリペイドカードを使って料金を支払います。ところが、この北米タグでは国内用のマイクロソフトポイントカードが一切使用できません(アジア用ゲイツマネーもダメらしい)。また、日本国内で作ったクレジットカードもそのまま直では使えません(後述)。これはDLCだけでなく、ゴールドメンバーシップの料金についても同様で、北米タグを作った最初の1カ月は無料期間があるので利用できますが、1カ月過ぎたらこれから説明する方法でゴールドメンバーシップの料金を支払う必要が出てきます。




僕が知っている方法はふたつ。PayPalアカウントを使うか、または北米用のマイクロソフトポイントカードを手に入れるかのどちらかです。PayPalアカウントがあるなら、パソコンでXBOXのページにアクセス、マイクロソフトポイントの購入画面に行き、最初はそこで自分の持っているPayPalのアカウントを新たに追加します。そうすれば、日本のクレジットカードでもPayPal越しに北米用マイクロソフトポイントが購入できるようです(実際買ってみた)。今んとこ問題ないようですが、あとからアカウントがBAN(削除)されたりすると嫌なので、どうしてもマップパック落としたい! って人以外は当面試す必要はないはず(Stewart Compoundを極めるだけでたっぷり時間がかかると思われます)。僕の北米タグが1カ月後も残ってて平気ならいんじゃね、的な人柱ってことで……。



なんにしても日本では馴染みがあまりないため、PayPalのアカウントを持っている人は少ないと思いますが、いちいちカード情報を入力しないで済むという点では楽だし安全なのでみんなこの機会にアカウントを持ったらいいと思った。で、もうひとつの北米用マイクロソフトポイントカードですが、インターネット検索すればamazonやら通販サイトが引っかかると思います。このカードを買うと、後ろにペリペリはがす部分があって中からCodeが現れます。それを入力するとマイクロソフトポイントが使えるようになるって仕組みです(僕も今回始めて使いましたYO)。なお、間違ってアジア用や欧州用、もちろん日本用を買わないように注意しましょう。いちおうDirtNP STOREでも何枚か取り寄せているので、欲しい人は入荷したらお買い上げいただければと思います。ただ、なんか存在が微妙過ぎるので定期的に入荷するかは正直わかりません。でも最終的に北米用マイクロソフトポイントが手に入らないということにはならないように情報提供していきますのでご安心を。

北米ゲーマータグをキープするか
DLCだけ落として国内ゲーマータグで遊ぶか

北米タグで落としたDLCですが、なぜか国内タグでログインしても遊べたりします。Hopper88(国内タグ)でログインした状態でStewart Compoundを走ることが出来ましたがDLCは相変わらず表示されません。一度落とせば国内タグ・北米タグに関係なく利用できるってことのようですね。つまり、北米タグのゴールドメンバーシップ料金を毎月面倒な方法で払い続けるよりも、欲しいDLCだけを落として普段は国内タグで遊ぶ、という使い方もできるわけです。ただし、前述のとおり、THQは2週間おきにDLCを用意すると言ってますから、内容が魅力的ですぐに欲しくなるようなものである限り、北米タグでゴールドメンバーシップを維持するのはALIVEを遊び続けている間は避けられそうにありません。また、実績やライダーレベルもタグごとに管理されてますので、どうせやるならどっちかに集中した方がいいと思います。

と、Xbox360版についての説明はこんなところでしょうか? 数日の間に試しただけなので間違っている点や違う解釈があるかも知れませんが、わかり次第随時情報はアップデートしていきたいと思います。どうしてもわからん、って人はtwitterとかで話しかけてくれれば答えられるかも知れません。DLCなんかいらないよ、最初に入ってるマップだけで十分、という人には関係ない説明でしたが、たぶんそんな人いないんじゃないかなーと思います。だってマップ少なすぎるもんね。せめて最初からスーパークロスマップのひとつやふたつ入ってないと厳しいですよTHQ……。さて、まだ検証もしてないPlayStation3版ですが、こちらも北米アカウントが存在しますので同様の作業でDLCが利用できるんじゃないかと想像しています。なんだかんだで北米用PSNカードも売ってますし。逆に、月のネットワーク利用料金が必要ないぶん、北米アカウントの継続運用という点ではPS3の方がかなり有利だと思われます。いずれにしてもPSNのサービスが再開したら誰かんちで試してみるつもりなので、もうしばらくお待ちください。

関連サイト:
DirtNP STORE(ダートエヌピーストア) MX vs ATV ALIVE 北米版

7 Responses to “「MX vs ATV ALIVE」Xbox360版でStewart Compoundを利用する方法”

  1. yuuki より:

    北米ストアは回復したんですがやっぱり MotoClubに入れませんなんでだーーー?

  2. nobulee より:

    Xboxの北米版でDLCなんですがMoto Club Depotにヤマハのバイクは表示されてますがホンダのバイクはまったく表示されてません。何が問題なのでしょうか?

    • HOPPER より:

      どもですー。前に似たような症状の方は

      「北米タグの本体設定の言語が日本語になってて、
      そこを英語に変更したらスズキのビュワーパックが出現しました」

      という方法で解決されてました。その辺チェックしてみてくださいー。

  3. MASA555 より:

    There are no contents available for download at this time.Please try again later って出ますね、英語はサッパリ?ですけど (^^;)
    後からやってみて~みたいな感じ?ちなみにアメリカのストアは普通に見れますよ。

  4. MASA555 より:

    PS3の北米版で遊んでますけど、北米タグ作ってオンラインで対戦してるけど
    なぜかMoto Club Depotに入れません、なんででしょうか~?教えて~ちょ

    • hopper より:

      PS3はまだ確認できてないんですよねぇー。もうストアは回復してるんでしょうか? PS3ユーザーの書き込みお待ちしてまうす。

コメントを残す

新製品情報:Roczenマニアは要チェック! RCH Racingファンウェア

新製品情報です。オフロードバイクの総合用品店ダートフリークにKen Roczen(ケン・ロクスン)が所属するRCH(Ricky Carmichael and Carey Hart) Racingのファンウェアが入荷してい […]

DirtNPからのご挨拶

みなさんこんにちは、いい匂いのするダートバイクニュースサイトDirtNPの管理人ホッパーです。明日、3月31日でみなさんとはお別れです。DirtNPとして最後のご挨拶をさせていただきます。ギリギリ31日でも良かったんです […]

BTM春木:エンデューロイラストレイテッド

BIGTANK MAGAZINE春木です。「エンデューロイラストレイテッド」という本があります。ENDURO21.COMという、世界で最も有力なエンデューロ系ポータルサイトを運営している英国のジャーナリスト、ジョンティ・ […]

新製品情報:Reedレプリカに! FACTORY EFFEX 2016 レプリカグラフィックキット

新製品情報です。オフロードバイクの総合用品店ダートフリークにChad Reed(チャド・リード)が所属するUS YAMAHA FACTORY TEAMのFACTORY EFFEX 2016レプリカグラフィックキットが入荷 […]