ちょっと長めのインターバルを経て北米大陸の第3戦アメリカGPへ突入です。MX1は誰が優勝しても不思議ではない混戦状態、MX2は早くも抜け出しつつある上位3台のレッドプレート争いに要注目です。
[gas]

ハイライト(MX2 / MX1)  ≫携帯用動画リンク
 
MX1
Race 1 Lap Chart Top 10 +  ≫Race 1 Results.pdf
 
Race 2 Lap Chart Top 10 +  ≫Race 2 Results.pdf
 
コースレイアウトの見直しに加え、朝方に降った雨の影響もあってか周回数が少ないですね。ラップタイムが3分弱と昨年よりも30秒ぐらい長くて難しいコースだった今年のグレンヘレンです。結果はご覧の通り、Clement Desalle(#25)がパーフェクトウィンでレッドプレートを奪還。同じく表彰台でポイントを稼いだMax Nagl(#2)と共に、やや抜け出した感があるスズキとKTMの2台です。ホンダ勢はEvgeny Bobryshev(#777)が嬉しい初の表彰台。元スズキファクトリーのKevin Strijbos(Beursfoon_Suzuki)も総合4位と健闘。片や、ディフェンディングチャンピオンのAntonio Cairoli(#222)はレース2のほうでSteven Frossard(#183)と接触してしまい、USGPの連勝ならず。Steve Ramon(#11_Suz)は転倒によるマシントラブルでリタイア(レース1)。Ken de Dycker(#9_Hon)はガス欠やらで散々なレースとなってしまいました。
米国勢はChristian Craig(#144_Hon)の総合10位が最高位。MX1でアメリカ人が勝てばボーナス10万ドルというオファーが直前にあったものの、トップライダーは出てきませんでしたね。
 
表彰台
OA Res. Pts. # Rider 昨年のランク Nat. Team
1 1 1 50   #25 Desalle, C. 2 BEL Rockstar Energy
 
2 3 2 42   #2 Nagl, M. 4 ドイツ GER Red Bull Teka
 
3 6 3 35   #777 Bobryshev, E. 10 ロシア RUS Honda WMX
 
 
ポイント スタンディング Top 6
Pos. +,- Pts. # Rider 昨年のランク Nat. Team
1 128   #25 Desalle, C. 2 BEL Rockstar Energy
 
2 = -6   #2 Nagl, M. 4 ドイツ GER Red Bull Teka
 
3 -24   #222 Cairoli, A. 1 ITA Red Bull Teka
 
4 -32   #183 Frossard, S. MX2-3 FRA Monster Energy
 
5 = -37   #19 Philippaerts, D. 3 ITA Monster Energy
 
6 = -39   #999 Goncalves, R. 11 POR Honda WMX
 
 
MX2
Race 1 Lap Chart Top 10 +  ≫Race 1 Results.pdf
 
Race 2 Lap Chart Top 10 +  ≫Race 2 Results.pdf
 
朝方に降った雨でレース1のほうはマディ気味と言うことはさておき、またしても同じ3人組の表彰台となったMX2です。AMAの参戦経験があるMax Anstie(#99_Kaw)は同僚のTommy Searle(#100)と同点ながら惜しくも表彰台ならず…でした。レース1のほうで上位に入った実力者のGautier Paulin(#21_Yam)とArnaud Tonus(#7_Yam)は、レース2の1周目で発生したクラッシュによる影響でリタイア。復帰戦となったMarvin Musquin(#1_KTM)の結果はご覧の通り…ということで。
 
表彰台
OA Res. Pts. # Rider 昨年のランク Nat. Team
1 1 1 50   #94 Roczen, K. 2 ドイツ GER Red Bull Teka
 
2 2 2 44   #84 Herlings, J. 6 オランダ NED Red Bull Teka
 
3 5 3 36   #100 Searle, T.  GBR CLS-Monster Energy
 
 
ポイント スタンディング Top 6
Pos. +,- Pts. # Rider 昨年のランク Nat. Team
1 = 144   #94 Roczen, K. 2 ドイツ GER Red Bull Teka
 
2 = -14   #84 Herlings, J. 6 オランダ NED Red Bull Teka
 
3 = -24   #100 Searle, T.  GBR CLS-Monster Energy
 
4 -54   #338 Osborne, Z. 4 USA Bike-it Cosworth Wild Wolf
 
5 -57   #99 Anstie, M. 43 GBR CLS-Monster Energy
 
6 -63   #7 Tonus, A. 7 SUI Bike-it Cosworth Wild Wolf
 
 
VMX
Race 1 Lap Chart Top 10  ≫Race 1 Results.pdf
Race 2 Lap Chart Top 10 +  ≫Race 2 Results.pdf
地元米国勢Doug Dubach(#15)の連覇ならず…でしたね。ディフェンディングチャンピオンのMats Nilsson(#1)が昨年の雪辱を果たして総合優勝です。そしてニュージーランドのDarryll King(#9)が総合3位。立ち位置は違えど、昨年と同じ表彰台のベテランワールドカップ第2戦でした。
 
OA Res. Pts. # Rider Nat. Team
1 3 1 45   #1 Nilsson, M. SWE Mats Nilsson MC-Sport
 
2 1 3 45   #15 Dubach, D. USA Dubach Racing
 
3 2 2 44   #9 King, D. NZL DK Racing
 
 
…と言うことで、第4戦は今週末の南米ブラジルGPですね。日本とは昼夜が逆ですから、ライブはまた夜中ですね。ではでは。
 
事前情報 2010.05.13
第3戦 アメリカGP 日本:5/15(日)~16(月) 現地:5/14(土)~15(日) グレン ヘレン / USA
リザルト  ≫現地の天気
 
Youthstream MX-LIFE.TV ヤマハ スズキ ホンダ カワサキ KTMJapan) HusqvarnaJapan
 
ライブストリーミング(有料)
PayPalでアカウント開設 MX-LIFE.TVでユーザー登録 購入
 
5/15(日) 放映スケジュール  ライブ開始(日本時間)  スタート
 VMX Race 1  07:00~  07:10~
 MX2 予選  08:00~  08:10~
 MX1 予選  08:50~  09:00~
     
5/16(月) 放映スケジュール  ライブ開始(日本時間)  スタート
 VMX Race 2  02:00~  02:20~
 MX2 Race 1  04:00~  04:10~
 MX1 Race 1  05:00~  05:10~
 MX2 Race 2  07:00~  07:03~
 MX1 Race 2  08:00~  08:03~
 
MX1 ポインツ & スタッツ  ≫Top 20
Pos. +,- Pts. # Rider 昨年のランク Nat. Team
1 85   #183 Frossard, S. MX2-3 FRA Monster Energy
 
2 -5   #2 Nagl, M. 4 ドイツ GER Red Bull Teka
 
3 -7   #25 Desalle, C. 2 BEL Rockstar Energy
 
4 -13   #222 Cairoli, A. 1 ITA Red Bull Teka
 
5 -22   #19 Philippaerts, D. 3 ITA Monster Energy
 
6 -23   #999 Goncalves, R. 11 POR Honda WMX
 
 
毎度のことですが、アメリカは時間帯がシンドイですね。来週のブラジルも夜中ですし…と、言うことはさておき、第2戦を終えたポイントスタンディングはご覧の通り。まだ序盤ということで先が見えない接戦となっている上位陣です。
 
開幕戦は圧倒的な強さを見せつけたスズキヤマハでしたが、続く第2戦はKTMが逆襲。既に6人が表彰台へ登壇と大混戦になっているMX1です。ここはコンスタントに健闘しているホンダ勢の表彰台と、開幕戦は好調だったカワサキ勢の逆襲となればますます面白くなるんですけどね。他、第2戦で復帰したBen Townley(#101_Kaw)は万全な状態でシリーズを戦うにはもう少し時間を要すると判断し、このアメリカと翌週のブラジルを欠場。ラウンドがヨーロッパへ戻ってから再復帰となります。
 
気になる米国勢のスポット参戦はMike Alessi(#800_KTM)が筆頭。トップライダーがこぞって出場してくるわけでもなく、モンスターエナジーが冠スポンサーということで出場が噂されていたWeimerとVillopotoも出てきませんし、KTMのShortも出てきません。Alessiはスーパークロスで苦戦した分、450ccに乗り換えるこの屋外で結果を出して翌週のAMAナショナル開幕を迎えたいところ。昨年は表彰台(総合2位)を獲得しているので連続登壇なるか?に注目です。(※追伸:Alessiはラスベガスのクラッシュによる影響で出走を見合わせた模様)
 
総合優勝 BUL NED USA BRA FRA POR ESP SWE GER LAT BEL CZE GBR EUR ITA
  Desalle, C. 1 1                            
 
  Cairoli, A. 1   1                          
 
   
ヒート優勝 BUL NED USA BRA FRA POR ESP SWE GER LAT BEL CZE GBR EUR ITA
  Frossard, S. 1 1                            
 
  Nagl, M. 1   1                          
 
  Desalle, C. 1 1                            
 
  Cairoli, A. 1   1                          
 
   
表彰台 BUL NED USA BRA FRA POR ESP SWE GER LAT BEL CZE GBR EUR ITA
  Desalle, C. 1 1                            
 
  Cairoli, A. 1   1                          
 
  Frossard, S. 1 2                            
 
  Nagl, M. 1   2                          
 
  Philippaerts, D. 1   3                          
 
  Barragan, J. 1 3                            
 
   
トップ周回 BUL NED USA BRA FRA POR ESP SWE GER LAT BEL CZE GBR EUR ITA
  Frossard, S. 38 30 8                          
 
  Nagl, M. 12   12                          
 
  Cairoli, A. 12   12                          
 
  Desalle, C. 9 9                            
 
  Goncalves, R. 6   6                          
 
  Philippaerts, D. 1   1                          
 
  Barragan, J. 1 1                            
 
   
最速ラップ BUL NED USA BRA FRA POR ESP SWE GER LAT BEL CZE GBR EUR ITA
  Cairoli, A. 2   2                          
 
  Frossard, S. 1 1                            
 
  Desalle, C. 1 1                            
 
   
レッドプレート BUL NED USA BRA FRA POR ESP SWE GER LAT BEL CZE GBR EUR ITA
  Frossard, S. 1   1                          
 
  Desalle, C. 1 1                            
 
   
ポールポジション BUL NED USA BRA FRA POR ESP SWE GER LAT BEL CZE GBR EUR ITA
  Frossard, S. 1 1                            
 
  Nagl, M. 1   1                          
 
 
MX2 ポインツ & スタッツ  ≫Top 20
 
まだ先の見えないMX1とは裏腹に、早くも接戦グループが二分されつつあるMX2です。トップグループはスタッツをオレンジに染めているKTM勢に対し、孤軍奮闘しているグリーンのカワサキ。僅差のレッドプレート争いということで、この3台の走行位置に要注目です。前戦オランダでは圧倒的な強さで1勝目を挙げたJeffrey Herlings(#84)ですが、ここはスーパークロスの参戦で米国に慣れ親しんでいるKen Roczen(#94)と、昨年までAMAに参戦していたTommy Searle(#100)に分がありそうな感じ。果たして結果や如何に?その後続はヤマハ勢の接戦となっていますが、グループ内のポジション争いはもちろん、トップグループに表彰台を独占されないように今季初の登壇を果たしたいところ。
 
他、今季よりAMAに活躍の場を移したMarvin Musquin(#1_KTM)が怪我からの復帰戦としてやっと初登場。レギュラー陣との優勝争いに要注目です。世界選手権のディフェンディングチャンピオンでもあり、昨年のアメリカGPの勝者でもある彼の状態は万全か?翌週に控える本命のAMAナショナル開幕を占う重要な一戦です。
 
総合優勝 BUL NED USA BRA FRA POR ESP SWE GER LAT BEL CZE GBR EUR ITA
  Roczen, K. 1 1                            
 
  Herlings, J. 1   1                          
 
   
ヒート優勝 BUL NED USA BRA FRA POR ESP SWE GER LAT BEL CZE GBR EUR ITA
  Roczen, K. 2 2                            
 
  Herlings, J. 2   2                          
 
   
表彰台 BUL NED USA BRA FRA POR ESP SWE GER LAT BEL CZE GBR EUR ITA
  Roczen, K. 2 1 2                          
 
  Herlings, J. 2 3 1                          
 
  Searle, T. 2 2 3                          
 
   
トップ周回 BUL NED USA BRA FRA POR ESP SWE GER LAT BEL CZE GBR EUR ITA
  Roczen, K. 42 40 2                          
 
  Herlings, J. 38   38                          
 
   
最速ラップ BUL NED USA BRA FRA POR ESP SWE GER LAT BEL CZE GBR EUR ITA
  Roczen, K. 2 2                            
 
  Herlings, J. 2   2                          
 
   
レッドプレート BUL NED USA BRA FRA POR ESP SWE GER LAT BEL CZE GBR EUR ITA
  Roczen, K. 2 1 1                          
 
   
ポールポジション BUL NED USA BRA FRA POR ESP SWE GER LAT BEL CZE GBR EUR ITA
  Roczen, K. 1 1                            
 
  Herlings, J. 1   1                          
 
 
VMX
ベテランのワールドカップ併催となるアメリカGPということで、米国勢のスポット参戦は昨年のピンピン勝者Doug Dubach(#15_Yam)や御大Chuck Sun(#63_KTM)など。レギュラーのディフェンディングチャンピオンMats Nilsson(#1_Yam)やニュージーランドからのスポット参戦Darryll King(#9_Yam)との優勝争いに要注目。
 

コメントを残す

新製品情報:Roczenマニアは要チェック! RCH Racingファンウェア

新製品情報です。オフロードバイクの総合用品店ダートフリークにKen Roczen(ケン・ロクスン)が所属するRCH(Ricky Carmichael and Carey Hart) Racingのファンウェアが入荷してい […]

DirtNPからのご挨拶

みなさんこんにちは、いい匂いのするダートバイクニュースサイトDirtNPの管理人ホッパーです。明日、3月31日でみなさんとはお別れです。DirtNPとして最後のご挨拶をさせていただきます。ギリギリ31日でも良かったんです […]

BTM春木:エンデューロイラストレイテッド

BIGTANK MAGAZINE春木です。「エンデューロイラストレイテッド」という本があります。ENDURO21.COMという、世界で最も有力なエンデューロ系ポータルサイトを運営している英国のジャーナリスト、ジョンティ・ […]

新製品情報:Reedレプリカに! FACTORY EFFEX 2016 レプリカグラフィックキット

新製品情報です。オフロードバイクの総合用品店ダートフリークにChad Reed(チャド・リード)が所属するUS YAMAHA FACTORY TEAMのFACTORY EFFEX 2016レプリカグラフィックキットが入荷 […]