えー……正直遠慮してネタにしてなかったんですが、先ほど池谷優太ご本人のtwitterでつぶやかれたこともありますし、公認情報ということで今さらながらピックアップしたいと思います。



2011 AMAスーパークロス第7戦サンディエゴLitesクラスのLCQ(ラスト・チャンス・クォリファイ)、スタートから1コーナーをまわって最初のトリプルを飛ぶまでのシーンがキャプチャーされています。#793のRM-Z250池谷優太が抜群のスタートを見せ、Martin Davalos(マーティン・ダバロス)に続き2番手で1コーナーへ……。LCQは上位2名がメインイベント進出ですから、Davalosは鉄板としても雨に強いジャパニーズ特性を活かしてこれはイケるんじゃ! と思ったその時何かがアウト側にポロリと……。


携帯向け動画リンク

よーく動画を見ると分かります。はい、そうです……シートが落ちてしまったんですね(一説にはサブフレームに問題があって止まってなかったという話も)。そしてそのまま池谷優太はそそり立つトリプルジャンプへ……。シッティングするにもシートは無し、ということで距離が足りず思いっきりケースしてしまいます(追記:シートなし練習はしてたので問題なかったそうですが、シートがなくなったことでエアの量が増えてパワーの出方変わったためショートしてしまった、とのことでした)。男なら思わず「おぅっふ…」と声が出てしまうこと必至。とにかく怪我がなかったのが何よりでした。しかし、怪我(してないけど)の功名でかなり長いことテレビ画面に映ってたからえがったんじゃないかと(←いくない)。もしアメリカにスーパークロス珍プレー好プレーがあるなら、きっとみのもんた的ナレーションでアテレコしてもらえることでしょう。

関連サイト:
池谷優太
池谷優太 twitter

One Response to “SXサンディエゴ Lites LCQ その時何が起きたのか――(ポロリあり)”

  1. mix より:

    「おっふ」言ってしまいました。

コメントを残す

新製品情報:Roczenマニアは要チェック! RCH Racingファンウェア

新製品情報です。オフロードバイクの総合用品店ダートフリークにKen Roczen(ケン・ロクスン)が所属するRCH(Ricky Carmichael and Carey Hart) Racingのファンウェアが入荷してい […]

DirtNPからのご挨拶

みなさんこんにちは、いい匂いのするダートバイクニュースサイトDirtNPの管理人ホッパーです。明日、3月31日でみなさんとはお別れです。DirtNPとして最後のご挨拶をさせていただきます。ギリギリ31日でも良かったんです […]

BTM春木:エンデューロイラストレイテッド

BIGTANK MAGAZINE春木です。「エンデューロイラストレイテッド」という本があります。ENDURO21.COMという、世界で最も有力なエンデューロ系ポータルサイトを運営している英国のジャーナリスト、ジョンティ・ […]

新製品情報:Reedレプリカに! FACTORY EFFEX 2016 レプリカグラフィックキット

新製品情報です。オフロードバイクの総合用品店ダートフリークにChad Reed(チャド・リード)が所属するUS YAMAHA FACTORY TEAMのFACTORY EFFEX 2016レプリカグラフィックキットが入荷 […]