膝同様……腰はやっちゃう前に守りましょう! e-belts

Posted by ホッパーちゃん On 6月 - 6 - 2011

良く「膝はやっちゃってからじゃ遅い……だから怪我する前にニーブレイスをしましょう!」と言われますが、同じくらい予め守っておきたいのが腰です。こればっかりは腰に違和感出始めてからじゃないと実感沸かないんですよねぇ。腰痛癖のある人なら分かると思いますが、あの「ピキッ」という瞬間の絶望感ったらありません……。で、自分は腰痛にはならないから平気平気ーと思っていても、実はダメージがしっかり蓄積されていて突然来るから安心もできない。

e-beltsはアクションスポーツを楽しむ人のために開発されたウエストベルト。エルゴノミクスデザインを追求した独自の形状により従来品よりも確実に腰全体をサポートするとのこと。長時間のライディングを強いられるエンデューロライダーでは、小池田猛・鈴木健二・田中太一・松本康・石井正美・内山裕太郎らの使用実績があるそうです。

いやー、ウエストベルトはオフロードバイクだけじゃなくて普通のツーリングライダーもするべきだよ。僕なんか日常生活でもしようかな、って思ってますからね……。心配な方はぜひ。


ebeltsDirtNP STORE(ダートエヌピーストア)

e-belts イーベルト

モトクロス、クロスカントリー、エンデューロなどでは既に腰椎ベルトの着用は常識になっています。激しい消耗を伴うこれらのスポーツでは腰部の保護と共に如何にライダーの疲労を軽減するかが大きなテーマであり、e-beltsはしっかりと内臓の揺れを防ぐことで疲労を防止し、ジャンプやウオッシュボードにおいて腰部を最大限にガードします。またウォータースポーツにも使用できる透湿発汗性Wet to Dry機能が蒸れを解消しライダーの疲労を軽減します。

e-beltsの真価は単に高級マテリアルを奢っただけで得られたものではありません。腰椎ベルトにはサポート効果と活動/運動時の快適さが合わせて求められます。活動/運動を妨げないようにするには、ベルト各サイズにおいて腹部高も背部高もある一定の条件下でのデザインを強いられることになるのです。そして殆どの従来ベルトでは背部サポート用の伸縮性素材は単なる長方形を採用しています。

従来の長方形背部サポートから不要な部分を取去り、また必要な部分を拡張して創り上げられたエルゴノミクスデザインは全体の面積を大幅に縮小しつつ、サポートエリアは35%以上拡大。これにより、活動/運動時の束縛感を大きく軽減しました。

アウトドアスポーツだけではなく、日常生活の腰部保護や腰痛緩和にぜひご利用下さい。


コメントを残す

新製品情報:Roczenマニアは要チェック! RCH Racingファンウェア

新製品情報です。オフロードバイクの総合用品店ダートフリークにKen Roczen(ケン・ロクスン)が所属するRCH(Ricky Carmichael and Carey Hart) Racingのファンウェアが入荷してい […]

DirtNPからのご挨拶

みなさんこんにちは、いい匂いのするダートバイクニュースサイトDirtNPの管理人ホッパーです。明日、3月31日でみなさんとはお別れです。DirtNPとして最後のご挨拶をさせていただきます。ギリギリ31日でも良かったんです […]

BTM春木:エンデューロイラストレイテッド

BIGTANK MAGAZINE春木です。「エンデューロイラストレイテッド」という本があります。ENDURO21.COMという、世界で最も有力なエンデューロ系ポータルサイトを運営している英国のジャーナリスト、ジョンティ・ […]

新製品情報:Reedレプリカに! FACTORY EFFEX 2016 レプリカグラフィックキット

新製品情報です。オフロードバイクの総合用品店ダートフリークにChad Reed(チャド・リード)が所属するUS YAMAHA FACTORY TEAMのFACTORY EFFEX 2016レプリカグラフィックキットが入荷 […]