第2戦フェニックスのSX&Litesクラスヒートレース・LCQ・メインイベント動画とラップチャートをアップです。Villopotoの連勝か? DungeyStewartの逆襲か? そしてライツクラスはPro Circuit勢Ken Roczenの結果や如何に?(1月18日:レポートを更新)

 
Supercross  レポート ≫TWMX翻訳
Video



 
Lap Chart Top 10 +
 
Interval Top 10
 
リザルト早見表  Official ≫Main  ≫Heat #1  ≫Heat #2  ≫LCQ
 
連勝ならずもキッチリと表彰台へ登壇、首位の座を守ったRyan Villopoto(#2)でした。途中、Stewartへ迫った際に気が早ってしまったのかスリップダウンしちゃいましたけど、後続を大きく引き離していたので抜かれずに2位をキープです。そして今回はスタートが決まったJames Stewart(#7)。オープニングラップからトップの座を譲らずに優勝です。Mike Alessi(#800)は決勝進出ならずで、ありゃりゃ…でした。Josh Grant(#33)はヒートで膝を痛めてしまい、ラストチャンスを出走せずに退陣です。今回はイブニングプログラムへ出てきたAustin Stroupe(#74)はヒート3位通過ながらも、力を出し尽くしてしまって決勝は出走せず。Kevin Windham(#14)は序盤に上位を走りながらも他車との接触でフロントのブレーキキャリパーを破損してリタイア。Mickael Musquin(#485)は決勝へ進めずに残念でした。
 
 
Points Standings Top 6  ≫全一覧
Pos. +,- Pts. # Rider 昨年のランク Team
1 = 47 . #2 Villopoto, R. 4 Monster Energy
 
2 45   #7 Stewart, J. 20 San Manuel
 
3 38   #1 Dungey, R. 1 Rockstar / Makita
 
4 = 38   #41 Canard, T. W 3 American Honda
 
5 = 34   #22 Reed, C. 17 Two Two Motorsports
 
6 26   #24 Metcalfe, B. E 3 Rockstar / Makita
 
 
Lites 西地区  レポート ≫TWMX翻訳
Video


 
Lap Chart Top 10
 
Interval Top 10
 
リザルト早見表  Official ≫Main  ≫Heat #1  ≫Heat #2  ≫LCQ
 
連勝のJosh Hansen(#100)はともかく、Broc Tickle(#20)はもはやこのクラスにおいてトップレベルですね。コケてもあきらめずに2位へ再浮上するところはさすがです。一方、Ken Roczen(#194)はクラッシュの嵐。ヒートでの転倒で右のかかとを痛めたようですが、LCQはトップで通過。更に決勝ではまたしても転倒を喫してしまい、リタイアとなってしまいました。頭を打ってちょっとフラフラしただけ、とのことで、大事には至っていないようなので一安心。かかとのほうがちょっと心配ですけどね。池谷優太(#793)は開幕戦に続いて決勝進出ならず。残念でした。ラストチャンスでは序盤にいいところを走ってましたし、あともう一歩ですね。次、頑張ろ~。
 
 
Points Standings Top 6  ≫全一覧
Pos. +,- Pts. # Rider 昨年のランク Team
1 = 50 . #100 Hansen, J. W 6 Pro Circuit
 
2 = 44   #20 Tickle, B. W 4 Pro Circuit
 
3 35   #71 Morais, R. W 10 Rockstar Energy
 
4 35   #28 Rattray, T.  Pro Circuit
 
5 = 34   #36 Seely, C. W 7 Troy Lee Designs
 
6 30   #23 Davalos, M. E 9 Rockstar Energy
 
 
事前情報 2010.01.13
第2戦 フェニックス日本:1/16(日) 現地:1/15(土) Chase Field Phoenix, AZ
ライブ・タイミング for PCfor Mobile)  ≫リザルト
 
amasupercross supercrossonline TWMX RacerXonline KTM ヤマハ/YAM KAW SUZ HON 池谷優太
 
フェニックス Virtual Track Map
 
1/16(日) 11:30~ 現地 1/15(土) 19:30~  ≫ライブタイミング  ≫ライブtwitter
 日本時間 (現地時間)  カテゴリー  形式  決勝進出条件
 
 11:00~ (19:00)  Opening Ceremonies    
 
 11:30~ (19:30)  Lites ヒート1  6周/20台  9位まで
 
 11:40~ (19:40)  Lites ヒート2  6周/20台  9位まで
 
 11:50~ (19:50)  SX ヒート1  8周/20台  9位まで
 
 12:00~ (20:00)  SX ヒート2  8周/20台  9位まで
 
   Intermission    
 
 12:30~ (20:30)  Lites ラストチャンス  4周/22台  2位まで
 
 12:40~ (20:40)  SX ラストチャンス  6周/22台  2位まで
 
   Track Maintenance    
 
 12:55~ (20:55)  Lites Parade Lap    
 
 13:00~ (21:00)  Lites 決勝  15周/20台  
 
 13:25~ (21:25)  SX Parade Lap    
 
 13:30~ (21:30)  SX 決勝  20周/20台  
 
 
第2戦のタイムゾーンは太平洋から山岳部に移って 11時半からの開始となります。例年の如く、開幕戦のタイムスケジュールは乱れに乱れましたね~。もとより時間通りには進行しないスーパークロスですので、上記スケジュール表は参考までに。 ≫スケジュール詳細 pdf
 
Supercross ポインツ & スタッツ  ≫全一覧.pdf
Pos. +,- Pts. # Rider 昨年のランク Team
1   25   #2 Villopoto, R. 4 Monster Energy
 
2   22 . #1 Dungey, R. 1 Rockstar / Makita
 
3   20   #7 Stewart, J. 20 San Manuel
 
4   18   #41 Canard, T. W 3 American Honda
 
5   16   #22 Reed, C. 17 Two Two Motorsports
 
6   15   #14 Windham, K. 2 GEICO Powersports
 
 
連続表彰台なるか?…開幕戦アナハイムで順当に表彰台を獲得した Top 3 の連続表彰台なるか? 連勝を狙うRyan Villopoto(#2)、これを阻止すべくディフェンディングチャンピオンのRyan Dungey(#1)、そしてJames Stewart(#7)の逆襲なるか?いまだに手首が完全ではないという状況のStewartですが、開幕戦アナハイムでは予選、本番ともに最速ラップを記録。スタートさえ決まれば逃げ切って優勝というパターンに期待。
 
Top 3 の牙城を崩すのは?…開幕戦はスタートで出遅れたことに加え、サスのセッティングもマッチせずに表彰台へ届かなかったChad Reed(#22)。その修正をしてくるであろうこの第2戦の結果に注目。そしてスウィッチ組筆頭のTrey Canard(#41)は昨シーズンの代役出走で既に表彰台を経験していることに加え、開幕では惜しくも4位という結果のリベンジなるか?昨年度ランク3位ながらも今季の開幕戦は失敗に終わってしまったDavid Millsaps(#18)、ヒート優勝しながらも決勝では振るわなかった昨年度ランク5位のJustin Brayton(#10)の逆襲にも期待。メカニカルトラブルでリタイアとなってしまった昨年度ランク8位のThomas Hahn(#12)にも注目。
 
他…開幕戦は予選を15位で通過しながらも、まだ完全には復調していない、という判断からイブニングプログラムへの出走を取りやめたAustin Stroupe(#74)。このフェニックスは出走するのかどうか注目。ベルシーSXで右の手首を痛めたBBMXのMichael Byrne(#26)はこのフェニックスで復帰してくると思われます。
 
予想投票…毎度お馴染みRacerXの投票です。カワサキは今週末のフェニックスも制することができるか? ライツはともかく、SXのほうは誰が勝っても不思議ではない状況ですからね…ということであっちへ投票したところ、世間一般の認識と合致。
 
主な負傷情報…SXクラスへの出場は初となるMerge Racing所属のJimmy Albertson(#108)は開幕戦のプラクティスで左膝を負傷。膝を痛めているDan Reardon(#34)は第3戦からの出場を予定。腕を骨折中のJake Weimerはシリーズ終盤からの出場を予定。そのWeimerの代役として第2戦からの出場を予定していたJake Mossは先週末のドイツSXで肩を負傷して欠場。開幕前に足首を痛めたMatt Goerkeは第5戦からの出場を予定(代役としてManuel Rivasが開幕から出場中)。負傷中のJosh Hillはシーズン後半からの復帰出場を予定。
 
優勝 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17
Villopoto, R. 1                                  
 
    17 17 17 17 17 17 17 17                
表彰台 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17
Villopoto, R. 1 1                                
 
Dungey, R. 1 2                                
 
Stewart, J. 1 3                                
 
 
トップ周回 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17
Villopoto, R. 17 17                                
 
Tedesco, I. 3 3                                
 
 
最速ラップ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17
Stewart, J. 1 1                                
 
 
ホールショット 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17
Tedesco, I. 1 1                                
 
 
Lites 西地区 ポインツ & スタッツ  ≫全一覧.pdf
Pos. +,- Pts. # Rider 昨年のランク Team
1   25 . #100 Hansen, J. W 6 Pro Circuit
 
2   22   #20 Tickle, B. W 4 Pro Circuit
 
3   20   #28 Rattray, T.  Pro Circuit
 
4   18   #23 Davalos, M. E 9 Rockstar Energy
 
5   16   #36 Seely, C. W 7 Troy Lee Designs
 
6   15   #71 Morais, R. W 10 Rockstar Energy
 
 
独壇場となるのか?…開幕戦はまさにパーフェクトウィンを成し遂げた Pro Circuit 勢の Top 3 です。特にこっち系は初参戦となるTyla Rattray(#28)はプラクティスの転倒で脳震盪を発し、メインへの出場が危ぶまれていたにも関わらず出走という悪条件の中、3位表彰台はお見事。この第2戦での表彰台にも期待。
 
Pro Circuit の牙城を崩すのは誰か?…ドイツ、オーストラリア、南アフリカ、エクアドル、ブラジルなど国際色豊かな上に、ルーキー勢の決勝進出が目立った今季のライツクラス。Ken Roczen(#194)は開幕戦で予選をトップ通過しながらもファイナルプラクティスの転倒で左脚を打撲。メインの決勝でも転倒して7位という結果ゆえ、このフェニックスでの表彰台に期待。昨夏のスティールシティでJoshGrantの代役としてプロデビューしたルーキーのNick Paluzzi(#72)は、シーズンオフの手首の骨折が癒えたばかり。1週間ほどのテストしかできなかったにも関わらず決勝9位とまずまずの結果。この第2戦での更なる上位フィニッシュに期待。同じく昨夏のユナディラでスズキから450へプロデビューしたAustin Howell(#61)は、今季、Shea Racingからライツへ参戦。開幕では決勝進出ならずもこのフェニックスでの巻き返しに期待。アウトドアではその実力を遺憾なく発揮したEli Tomac(#19)の逆襲にも注目。
 
他…昨年度ランク 2位 の Wil Hahn(#31 Geico Hon)は開幕戦のプラクティスで背中を負傷(脊椎骨の圧縮骨折)。復帰には2~3か月を要すると思われ、代役として東地区にプライベート参戦する予定だったJimmy DeCotis(昨年度イースト12位)を招集。
 
優勝 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17
Hansen, J. 1                                  
 
  17 17 17 17 17 17 17 17 17                
表彰台 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17
Hansen, J. 1 1                                
 
Tickle, B. 1 2                                
 
Rattray, T. 1 3                                
 
 
トップ周回 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17
Tickle, B. 8 8                                
 
Hansen, J. 7 7                                
 
 
最速ラップ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17
Tickle, B. 1 1                                
 
 
ホールショット 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17
Tickle, B. 1 1                                
 
 
他、新たな情報が入り次第、追記していきます…
 

コメントを残す

新製品情報:Roczenマニアは要チェック! RCH Racingファンウェア

新製品情報です。オフロードバイクの総合用品店ダートフリークにKen Roczen(ケン・ロクスン)が所属するRCH(Ricky Carmichael and Carey Hart) Racingのファンウェアが入荷してい […]

DirtNPからのご挨拶

みなさんこんにちは、いい匂いのするダートバイクニュースサイトDirtNPの管理人ホッパーです。明日、3月31日でみなさんとはお別れです。DirtNPとして最後のご挨拶をさせていただきます。ギリギリ31日でも良かったんです […]

BTM春木:エンデューロイラストレイテッド

BIGTANK MAGAZINE春木です。「エンデューロイラストレイテッド」という本があります。ENDURO21.COMという、世界で最も有力なエンデューロ系ポータルサイトを運営している英国のジャーナリスト、ジョンティ・ […]

新製品情報:Reedレプリカに! FACTORY EFFEX 2016 レプリカグラフィックキット

新製品情報です。オフロードバイクの総合用品店ダートフリークにChad Reed(チャド・リード)が所属するUS YAMAHA FACTORY TEAMのFACTORY EFFEX 2016レプリカグラフィックキットが入荷 […]