ケルン・インターモトで発表された2011 KTM 990 SM T ABSモデル

Posted by ホッパーちゃん On 10月 - 6 - 2010

ドイツ・ケルンで行われたインターモト2010で発表されたKTM 990 SM T ABSモデルの映像です。ABS装備でオンもオフも走れてパニア付ければ積載性もバッチリ、ってどんだけ俺のツーリング傷をえぐりたいんだ。続きにはメーカーからの商品紹介をどうぞ。


専用ABSを採用する史上最強の2011年モデル
長距離ツーリング・スーパーモト 990 SM T

990 SM Tは、2009年春のデビュー以来、賞賛の嵐を浴びてきた。KTMは、俊敏なスーパーモトのダイナミズムと本格的なロングツアラーのキャラクターを初めて融合させ、新たなモーターサイクル・マイルストーンを打ち立てる。

信じられないほどの多様性を持つ2気筒スーパーモトは、決定的な革新技術で武装を固め、2011年モーターサイクルシーズンを迎える。990 SM T特有のキャラクターとニーズに合わせてABSブレーキシステムを専用開発、あらゆる条件下で完璧な減速を実現する一方で、一切のダイナミズムを犠牲にしていない。ニュー990 SM Tは、その華麗なアクションから、減速の女王のニックネームを受けるかもしれない。

エキサイトメントと洗練の共演

エンジンテクノロジーの最先端を行く水冷Vツインには、KTMのシグナチャーとも言うべき75°のバンク角が採用
されている。999cc、116ps(85kW)の最高出力を誇るこのユニットは、単体重量がわずか58kgにすぎない。それ以上に印象的なのは、圧倒的なパワー感、リファインメント、コントロール性のすべてを備える点。洗練の極みに達したパッケージが、爽快なパフォーマンスを実現し、990 SM T独自のニーズに応える。

シャシーに目を移すと、ここでもKTMライダーのニーズがすべて満たされていることがわかる。低速域はもちろん、最高速域でも安定感は揺るがず、最高品質を追求したサスペンションが路面の凹凸に巧みに対処しながら、明快なフィードバックを提供する。そして、超精密の形容がふさわしいハンドリングと、スーパーモトのエッセンスである軽快感。こうしたライディングキャラクターは、偶然の産物ではない。たとえば、不必要なコンポーネントは徹底的に排除し、軽量化を図ったこと。あるいは、インテリジェントなデザインソリューションを見出し、第一級の素材やコンポーネントのみを使用したこと、などが理由に挙げられる。ABSを含む2011年モデルの車両重量は、200kgを下回る197kg。KTM開発担当者の叡智と努力の結果である。

最高レベルの減速サポート

アンチロック・ブレーキ(ABS)システムを初採用するにもかかわらず、軽量化が実現できたのは、同システム自体が超軽量・コンパクトに仕上げられ、わずか1kgしかないこととも大きく関連している。ABSをはじめとする電子制御ユニットのトップサプライヤー、ボッシュとの綿密なコラボレーションの下、最新世代2チャンネルABSは、スポーティなスーパーモトのニーズに合わせてファインチューンが行われた。

また、ABSが組み合わされるブレーキは、ブレンボの手になるハイパフォーマンス・システム。フロントには、ラジアルマウントの4ピストン・キャリパーとφ305mmのデュアルディスクを組み合わせ、卓越したコントロール性と強烈なストッピングパワーを両立させる。このハードウェアとABSが相まって、990 SM Tは、あらゆる路面で、あらゆるスピードから、ピンポイントの精度をもって安全に停止することができる。さらにKTM-ボッシュのシステムには、横転感知機能も組み込まれるだけでなく、アグレッシブなライディングスタイルを阻害しないよう、最小限の介入のみを実行するようプログラムされている。オフロード走行を想定して、ABS OFF機能も備えられた。

2011年モデル990 SM Tには、ハイグロス・オレンジ、ホワイト、ブラックの3色が設定され、ABS標準装備でEUでは2011年2月に発売予定。モーターサイクルの持つ多様性がさまざまなライダーを魅了することを考慮して、パワーパーツアクセサリーには豊富なオプションパーツを用意し、スポーツポテンシャルをさらに引き上げたり、ツーリング能力を高めたりできるようにしている。990 SM Tは、路面やスピードを選ばず、しかも天候さえ気にせずに最上級のライディングプレジャーを提供、モダンライダーのナンバー1チョイスとなるに違いない。





コメントを残す

新製品情報:Roczenマニアは要チェック! RCH Racingファンウェア

新製品情報です。オフロードバイクの総合用品店ダートフリークにKen Roczen(ケン・ロクスン)が所属するRCH(Ricky Carmichael and Carey Hart) Racingのファンウェアが入荷してい […]

DirtNPからのご挨拶

みなさんこんにちは、いい匂いのするダートバイクニュースサイトDirtNPの管理人ホッパーです。明日、3月31日でみなさんとはお別れです。DirtNPとして最後のご挨拶をさせていただきます。ギリギリ31日でも良かったんです […]

BTM春木:エンデューロイラストレイテッド

BIGTANK MAGAZINE春木です。「エンデューロイラストレイテッド」という本があります。ENDURO21.COMという、世界で最も有力なエンデューロ系ポータルサイトを運営している英国のジャーナリスト、ジョンティ・ […]

新製品情報:Reedレプリカに! FACTORY EFFEX 2016 レプリカグラフィックキット

新製品情報です。オフロードバイクの総合用品店ダートフリークにChad Reed(チャド・リード)が所属するUS YAMAHA FACTORY TEAMのFACTORY EFFEX 2016レプリカグラフィックキットが入荷 […]