2010 #MXoN :Team Japan集結。成田車に海外プレスも注目!

Posted by ホッパーちゃん On 9月 - 25 - 2010

アメリカはコロラド州で開催されているモトクロス界のオリンピック”2010 Red Bull Motocross of Nations“に行っているDirtNP特派員・長見拓郎からTeam Japan金曜日の様子が送られてきました。現地コロラドで集結した3人の日本代表の表情を速報でどうぞ! Photo:Takuro Nagami

左からMX1成田亮、MX2三原拓也、OPEN熱田孝高。


Team Japanの3人、成田亮熱田孝高三原拓也のパドックは基本的に別々とのこと。開催地のThunder Valleyは快晴で日中は汗ばむ陽気。モトクロスコースとしてあらゆる要素を詰め込みつつ雄大にレイアウトされたコースは整備も入念でコンディションには文句のつけようがない感じ。それぞれウェアとマシンがかなりキマってるんだけど、その中でも特に成田亮のYZ450Fのルックスには海外プレスも大注目。↓の写真を見ればわかるように、オリエンタルテイスト全開の外装デカールはウランマーキングデザイン製だ。これは目立つねぇ。LIVE放送でもたくさん映されるといいなー。

ウランマーキングデザイン製和風グラフィックスが大ウケの成田号。ベストドレッサー部門があれば入賞間違いなし。


金曜日のスケジュールは車検とプレスカンファレンスのみということで、パドックでは比較的ゆったりとした時間が流れていた模様。午後から行われたプレスカンファレンスには監督の百井氏を含め4人で参加したTeam Japan。成田亮、熱田孝高は海外レースの経験も豊富で、表情・コメントにも余裕が見られた。一方で、初海外となる三原拓也も慣れない土地に戸惑いつつも意外とリラックスしているようで「良い経験ができるように、精一杯がんばります」と力強いコメントを発した。まずは明日の予選が楽しみ!

監督のMFJ百井さんとリラックスムードで記念撮影中の3選手。ナリさんどうしたの?


徒歩でコースチェック中の三原拓也。いきなりの大舞台に緊張はしているものの楽しんでいるようだ。


Thunder Valleyのコース整備はかなり入念な印象。散水にも余念がない。


2007年にBudds Creekで行われたMXoNでは成田亮のメカニックを務めた千葉さん。今回はチームUSAの一員だ。


初海外の三原拓也を電柱の影から見守るCairoliと、母国チームの応援に駆けつけたGPライダーalbertson。


Thunder Valleyに夕暮れが訪れる。明日はこの地を舞台に世界の強豪たちが火花を散らす。


One Response to “2010 #MXoN :Team Japan集結。成田車に海外プレスも注目!”

  1. 匿名 より:

    なんかワクワクしてきたなコレw

コメントを残す

新製品情報:Roczenマニアは要チェック! RCH Racingファンウェア

新製品情報です。オフロードバイクの総合用品店ダートフリークにKen Roczen(ケン・ロクスン)が所属するRCH(Ricky Carmichael and Carey Hart) Racingのファンウェアが入荷してい […]

DirtNPからのご挨拶

みなさんこんにちは、いい匂いのするダートバイクニュースサイトDirtNPの管理人ホッパーです。明日、3月31日でみなさんとはお別れです。DirtNPとして最後のご挨拶をさせていただきます。ギリギリ31日でも良かったんです […]

BTM春木:エンデューロイラストレイテッド

BIGTANK MAGAZINE春木です。「エンデューロイラストレイテッド」という本があります。ENDURO21.COMという、世界で最も有力なエンデューロ系ポータルサイトを運営している英国のジャーナリスト、ジョンティ・ […]

新製品情報:Reedレプリカに! FACTORY EFFEX 2016 レプリカグラフィックキット

新製品情報です。オフロードバイクの総合用品店ダートフリークにChad Reed(チャド・リード)が所属するUS YAMAHA FACTORY TEAMのFACTORY EFFEX 2016レプリカグラフィックキットが入荷 […]